デザインビルドゼネコン

デザインビルドゼネコン

デザインビルドゼネコン はプロジェクトの設計と建設を担当するゼネコンだ。このゼネコンの仕事の範囲は何だろうか? どんな権限があるか?デザインビルドゼネコンと協力する時の長所と短所は何?

デザインビルドゼネコン

仕事の範囲

関係者が参加する協力契約には、デザインビルドゼネコンの仕事の範囲に関する規定が明確に記載されており、関連問題を解決するための最も効力的な根拠となる。具体的には、契約には設計と建設がプロジェクトの規模でなければならないことが記載され、コンサルタント、技術図面、オートキャド図面等の設計・実用化検討、建設工事における労働者の活用・雇用に係る活用等が仕事の範囲内だ。

権限 

建設契約に関する詳細な規制が規定される政令37/2015/ND-CPに各種類の契約に基づく請負業者の権利及び義務はが明確に記載される。

したがって、デザインビルドゼネコンは次の主な権限を有する。

  • 締結された契約を遵守する権利。
  • 契約の範囲がない生じる仕事を提案又は拒絶する権利。ゼネコンは投資主からの違法な要求を拒否する権利。
  • 時間通りに支払われる権利、計画を超えて、予定通りに仕事を完了した時に勧賞させる権利。
  • さらに、デザインビルドゼネコンは投資主の利益とプロジェクトの威信を確保するためにプロジェクト作業で下請業者を捜す、採用、補充、又は代える権利。

デザインビルドゼネコンと協力する時の長所と短所

長所

  • 設計と建設ゼネコンを選ぶ時投資主は最初から全体的な費用計画を策定する。設計と建設ソリューションを提供するゼネコンの選択は投資主の実際の要件と予算に適合する。
  • 設計や材料の変更を制限することにより時間の節約できる。ゼネコンを選ぶの期間は20-30日とすることができる。
  • 投資主の負担を軽減する。デザインビルドゼネコンは、美観、工場機能から工場の運行性まで、全体工事の保証に責任がある。したがって、通常の建設ゼネコンよりもはるかに大きな責任を負う。

短所

  • 短所はゼネコンが内部的や予期しない問題を抱えている場合に投資主が生じるリスクを負担しなければならず、そうすると建設の未完成の仕事は困難になる。しかし、そのような状況は非常に希世だ。
  • 多くの場合、価格競争のためにゼネコンは原材料を削減しようとしたり、設計基準に違反したりする。したがって、投資主はプロジェクトに経験と責任があるゼネコンを選ぶことに注意を払わなければならない。

投資家が評判の良いゼネコン を選ぶ要素

ベトナムと日本の労働法の違いは何か?