フンイエン省での創設・拡大中の 大きい工業団地の一覧表 - Delco Construction

フンイエン省での創設・拡大中の 大きい工業団地の一覧表

フンイエン省は、新型コロナウイルスの感染拡大により大きく影響されましたが工業団地の拡大・新設を行うことで投資魅力がある地方であり、国内・外国の投資家をフンイエンでの工場建設に引き付けるために土地を準備して置きます。

 

1.フォノイA工業団地

フンイェン省で最大の工業団地として、2021年3月にフォノイA工業団地は92.5ヘクタールの拡張が認可され、投資総額が1兆ドンを上回っています。工業団地の総敷地面積は688,94ヘクタールになります。2020年末までフォノイA工業団地は登録資本金が約20ドルであり、FDIの案件は殆んど日本・韓国の案件です。

nhà máy annex

フンイエンのフォノイA工業団地のアネックス電子工場の厚生棟はDELCOが建設のゼネコンです。

2.タンロンII工業団地

フンイエン省にあるタンロンII工業団地は、2019年に創設され、環境にやさしくクリーンな基準を満たし、また総敷地面積が525,7ヘクタールです。現在、海外の投資家を引き付け、総敷地面積を継続に拡張します。

KCN Thăng Long Hưng Yên

2022年2月の初旬に、政府首相はタンロンII工業団地の建設・第3段階の主張を認可しました。My Hao(ミハオ)に所属し、法理が揃っている敷地面積が700ヘクタールを上回っています。

3. Ly Thuong Kiet (リ トウン キエット)工業団地及びサービス都市の複合

ハノイ中心部より30km 離れています。ハノイ-ハイフォンの高速道路とカウジェ-ニンビンの高速道路を繋ぐ線路があります。また、工業団地はハノイ、ハイフォン、クアンニン、タイビン、ハイズオンなどの重要な都市と交易できるための輸送交通が便利です。

総敷地面積1.988ヘクタール(ha)は次の工業団地が含まれています。第1工業団地(263,85 ha)、 第4工業団地(445 ha)、 Tho Hoang 工業団地(250 ha)、第6工業団地(308,2 ha)、第7工業団地(198,56 ha)です。新規に認可されている3つの工業団地が第3工業団地(159,71 ha 2021年10月に設立決定)、クリーン工業団地(143,08 ha-2021年11月に設立決定)、第5工業団地(192,64 ha-2022年1月に設立決定)

4.フンイエンの工業団地クラスターの追加の規画

2021年12月20日、フンイェン省人民委員会は次の工業団地グループを対象に調整認可済の規画に追加されています。それらの工業団地はDang Le (ダンレ)工業団地グループ、Kim Dong (キムドン)工業団地グループ、Chinh Nghia(チンギャ)工業団地グループです。

3つの工業団地グループとも総敷地面積が75ha、次の業界の案件を引き付けます。それは高技術工業生産、電子補助工業、自動車補助工業(モータ・モータの子部品、潤滑システム、冷却システム、燃料供給システムなど)、環境を汚染させずにクリーン技術の省エネルギーを利用する案件です。

経った数年、フンイエン省に投資を引き付ける活動は、結果が多くあり、工業団地のインフラの品質と規模がより多く投資されつつあります。フンイエンは、快適な投資環境及び便利な技術インフラで外国の投資家(代表として日本、韓国、中国、フランス、アメリカ、
べラルスなど)の魅力的な投資先です。フンイエン省での建設投資プロジェクトは、数量も登録資本も継続的に増えて行きます。

追加の参照:フンイェン省での工場の建設を投資家に引き付けるポテンシャル

追加の参照:投資家は工場を建設するためフンイェンを選択する要素

シェア