工場における電気設備の設計及び安全に施工するプロセス - Delco Construction

工場における電気設備の設計及び安全に施工するプロセス

産業用電力システムは、工場の中核システムの一つであり、生産プロセス全体の電力の送配電を担当します。産業用電気システムの設計および構築プロセスでは、生産のための技術的安全性、および最適な基準が常に最優先されなければなりません。

工場の電気システム 

重電システム

工場の重電システムには、次の主要システムが含まれます:

  • 変電所、中および低電圧の配電制御システムは、中および高電圧線から電力を取得し、工場で一般的に使用される標準的な単相 220V または三相 380Vに変換する役割を果たします。
  • 電気システムに障害が発生した場合のバックアップ発電機システムは、工場の継続的な生産を確保するのに役立ちます。電源アダプターは、電源が遮断されたときに、生産を中断せずに安定させる役割を果たします。

 

DELCOがゼネコンとして韓国の商業印刷工場で400KVAの連続容量発電機を設置しました。

  • 配電制御システムは電源を別々の回路に分割し、工場の各設備エリアに配電します。さらに、配電盤は、スイッチング デバイスを保護し、電気機器をオペレーターから隔離して、使用中に発生する事故を防止するのに役立ちます。
  • 機械および産業チェーン用の配電制御システムは、モーターへの電力供給、エンジンの制御による作業サイクルの開始または終了、およびエンジンを監視し、故障から保護します。
  • 工場のソケット システムは、主電源から電化製品への電力を供給するための橋渡しであり、多くの場合、安全性を確保するために防水カバー、防水ジャケット、およびヒューズが装備されています。
  • 接地システムは、漏電の問題を制限し、工場で働く従業員の安全を確保するのに役立ちます。このシステムは通常、地中に埋められた電極と、電気機械インフラストラクチャ、機械、電気機器から接続されている接地アース線で構成されており、不要な電流が地面に流れて行きます。
  • 避雷システムは、落雷によって生成された電流を安全に地面に流し、工場の電力システムに落雷があった場合、大規模な損傷を引き起こすのを防ぎます。

軽電システム

軽電システムは、工場の電気システムの約 10 ~ 20% と比較的小さな割合を占めていますが、ハイテク機器の操作において重要な役割を果たし、使用者に大きな利便性をもたらします。工場の軽電システムには、以下のシステムが含まれます:

  • LAN およびインターネット システムは工場内の部門、機械、ライン間のコンピュータ接続を可能にする。工場内のネットワークシステムを介して、電話交換機、監視カメラシステム、プリンターなどを使用できます.
  • 電話交換機、電話システムは、部門と生産エリア間のコミュニケーションを迅速に行うのに役に立つツールです。
  • 監視カメラシステムは、特に工業団地や大規模な工場で、工場のセキュリティを確保するのに役立ちます。
  • スピーカー システムとパブリック サウンドにより、工場管理者は、特に騒音が多く、生産スペースが広い工場環境で、従業員への通知や情報提供を容易に行うことができます。
  • 入出制御システムには、工場のセキュリティを監視するための指紋勤怠管理システム、指紋認証システムが含まれます

照明システム

工場の照明システムには以下が含まれます:

  • 柔軟な照明システムは生産に照明効果を確保する為に適切に設計および設置されています。
  • 事故通知用と非常用照明システムは、国の防火基準に従って設計および設置されています。

工場の電気設計と設置プロセス

設計段階: 設計図はシステムの精度と安全性を決定します。

工場の電気システムの設計図は、以下の現在のベトナム基準を満たす必要があります。

  • TCXD 16 – 1986: 土木工事における人工照明.
  • TCXD 46 – 1984: 建設工事の落雷保護
  • TCXD 25 – 1991: 住宅および公共工事における電力線の敷設。
  • TCXD 27 – 1991: 住宅や公共工事への電気機器の配置。
  • TCVN 4756-1989: 電気機器の接地およびアース接続に関する規則。
  • TCXD 68-135-1995: 電気通信落雷保護。
  • TCVN 46 – 2007: 建設工事のための避雷システムの検査と保守に関する案内。
  • TCXDVN 394-2007: 電気機器の設計と設置・安全

実際の調査パラメータと工場の要件、製造業の性質に基づいて、設計図では、工場の高電圧電力ネットワーク、高電圧線、変電所、および配電盤の配置が合理的に表され、設置パラメータが正確に表示され、電力線の待機ポイントが定められ、高さや機械システム、ラインの安全距離、各項目の設置進捗状況と最適な施工方法が計算されている必要があります。

完全な設計図の最大の要件は、設置中および運用中の電気的安全性のレベルを確保し、各建屋の能力と生産効率を満たし、工場の投資と運用コストを節約します。優れた設計図は、工場の電力システム全体の精度と安全性を決める要素であり、電気的リスクを制限し、作業効率を高め、機器、生産設備および機械の寿命を延ばすことができます。

設置段階:正しい技術、安全性と美観を確保する必要があります。

電気機器システムの設置中に、メーカーの技術的基準、現在の規制に絶対に従わなければならないだけでなく、完成後、工場に電力を供給して引き渡すための法的手続きを満たします。同時に、設置と生産中に安全基準と工場の美観を確保する必要があります。さらに、スマート 設置ソリューションは投資コストを最適化し、将来に工場の規模を拡張するのに役立つ重要な要件の一つです。

主軸電力ケーブル システムは、工場の電気システム全般、特に重電システムの設置において最も重要な要素だと考えられています。ケーブルは、プラントのすべての機器とラインの電力使用量に応じて計算して選択する必要があります。ケーブルは、使用する前に安全性をチェックして保証する必要があります。地中線は水の浸入から保護する必要があります。ケーブルラダーは、使用時の混乱を避け、保守と故障発生時の修理を簡単にする為に、適切なラインに配置され、結束バンドでしっかりと固定され、相線を簡単に区別できるように色分けされます。

送配電に使用される伝統的な素材であるケーブルに加えて、現在ではバスウェイ(busway)の導体も一般的に使用されています。バスウェイは、変電所から低電圧キャビネットおよび MSB 配電キャビネットに電力を伝送し、MSB キャビネット間を接続し、MSB キャビネットから DB キャビネットに配電するためによく使用されます。バスウェイ バーは、ケーブルよりも熱を分散させ、電力を伝達します。

DELCOは、Ha Nam、 Hoa Mac工業団地にあるDORCO Living Vina工場にバスウェイシステムを設置しました。

ケーブルトレイは、ケーブルシステムを整然かつ便利に配置し、検査とメンテナンスの利便性向上に役立つ、工場で一般的なサポートシステムです。ケーブル トレイは、安全性を確保し、サポート バーの数がケーブル システムの負荷に耐えられ、サポート バーの高さは同じでなければなりません。ケーブル トレイには、漏電を防ぐために帯電防止塗料が必要です。

各工場の要件に応じて、工場の生産と運用のニーズを最大化するために、照明システムも異なります。照明のレベルと強度は、工場内の各エリアの特性、各産業の生産特性によって異なります。ネットワークの配線、スピーカー システムの配線、カメラ、照明などは、露出していたり、床や壁の下に埋められたりしますが、常に整頓され、美的である必要があります。

完成段階:品質チェックと社内検収

社内検収、品質検査は各項目の施工終了後、定期的に行う必要があります。品質検査プロセスは透明でなければならず、各システム、各項目の完全なチェックリストも必要です。スイッチがうまく断続でき、ライトの照明は安定していなければならないなどの最小項目から、機器の短絡をチェックし、発電機の負荷、機械のエンジン、電圧をチェックするなどの綿密な検査を行わなければなりません。

投資主に電気工事を引き渡し、管轄当局と電気工事を検収する前の、社内検収、品質検査は工場の電気工事プロセスの最終段階であり、非常に重要な段階です。電気機械 ゼネコンは品質監督チームがあり、厳格な内部監査プロセスがあるのが品質と建設の進行に対する安全性を確実に保証する基礎です。

工場の電気機械システムを設計および構築する際の注意事項

評判の良い電気機械建設請負業者の選択

delco-construction.com ウェブサイトの記事の著作権はDELCO®Constructionに帰属します。DELCO®の書面による同意なしに、画像やコンテンツをコピー、編集することはできません。

シェア

error: Content is protected !!