建設請負業者に関する規制

建設請負業者に関する規制

ベトナム建設法と建設に関連する政令、案内回章、および建設請負業者に関する法的文書は建設ゼネコンについて明確に規制する。したがって、設立や運営方法、契約締結の条件等が含まれている。

建設請負業者に関する規制

建設分野で活動する請負業者はベトナムの法律の規制を遵守する必要がある。

•企業に関する規制 

請負業者は適切な資格を持つ取締役会、適切な分野の事業者登録証明書および会社登録書類、必要な最低限の従業員、事業経営のため必要な資本金を持つことが必要とする。

•建設能力に関する規制

建設ゼネコンは入札および建設工事に参加するために工事能力証明書を持ったなければならない。証明書はコンサルタント、設計、設置、建設などに関する能力を含む建設能力を現わすことの一部だ。。工事能力証明書の効力はベトナムの法律に従って最多10年だ。(建設投資案件の管理に関する政令59/2015/ND-CPおよび建設省の管理事業に関する政令100/2018/ND-CPによる)。

•ゼネコンの責任に関する規制 

ゼネコンは契約上の責任の履行、法律を遵守する責任、建設における労働安全に対する責任、および保証に対する責任を含むその仕事に責任がある。

上記の規定は投資主と協力契約を締結する時にゼネコンの権利と義務を確保する。規制を厳守するゼネコンは責任のある、信頼できるパートナーだ。建設ゼネコンを選択する時、投資主は最も適切なパートナーを選択することを考慮しなければならない。

投資家が評判の良いゼネコン を選ぶ要素

ベトナムと日本の労働法の違いは何か?