2021年第一四半期におけるベトナムのGDPは4.8%増加、FDIは18.5%増加

2021年第一四半期におけるベトナムのGDPは4.8%増加、FDIは18.5%増加

経済の景気好転の兆候

3月29日に統計局は2021年の第一四半期の社会経済状況を公言し、GDPが2020年の第一四半期比約4.48%増加と推定されている。多くの経済専門家はCOVID-19の大流行で不安定な状況中で目覚しい成長率と見ている .

Vietnam GDP Growth 2012-2021

小売と消費財も2020年同時期5.1%増加した。COVID-19の複雑な状況に対してベトナム経済の景気が好転している兆候と示している。

世界経済の専門家は、ベトナムがCOVID-19前の期間に比べてV字型で力強く回復し続ける数少ない国の一つであると言っている。

外資は急増続ける

外国投資庁のデータによると、2021年3月20日現在、新規登録、資本調整、外国投資家の株式購入を含む、外資101億3万ドルに至り、2020年同時期比18.5%増加した。その中で、新規登録資本金は同期比30.6%増加し、72億ドルに達した。資本調整は97.4%増加し21億ドルになった。

外国投資家を誘致する分野は加工業、製造業(登記資本合計の49.6%)、電力の生産・配分(登記資本合計の38.9%)などだった。

2021年の上四半期に、ベトナムは大規模な投資プロジェクトに対して新しい投資認証書を発行し、投資資本を調整した。例えば、LNGロンアンIとII(シンガポール)・31億以上、O Mon熱電工場IIプロジェクト(日本)・13億1000万以上、LGディスプレイ ハイ・フォンプロジェクト(韓国)・投資資本を7億5000万ドルを増加させた。これにより、疫病対策能力と経済の高い成長回復力のおかげで、ベトナムがアジア市域において対内直接投資(FDI)のに吸収先なっていることを示している。

情報源:VNEconomy新聞、政府新聞など