2022年の最初の5ヶ月間でベトナムに最も資金を注ぎ込んだFDI投資家はデンマークです。

2022年の最初の5ヶ月間でベトナムに最も資金を注ぎ込んだFDI投資家はデンマークです。

シ2022年最初の5ヶ月間にベトナムで新規にFDIを登録した国・地域は、シンガポールを抜いてデンマークがトップとなりました。

2022年最初の5ヶ月間にデンマークがベトナムへのFDIにおいてトップに立ちます

2022年初の5ヶ月間にベトナムで新たに投資プロジェクトを認可された47カ国・地域のうち、デンマークはわずか3件のプロジェクトで、13.2億米ドルの最大の投資家となり、新規登録資本金全体の32.1%を占めました。第二位はシンガポールで7億9840万ドル(19.4%)、第三位は中国で5億530万ドル(12.3%)、第四位は日本で4億2870万ドル(10.4%)、第五位は台湾で2億9650万ドル(7.2%)となっています。

Top 10 quốc gia có vốn FDI đăng ký cấp mới nhiều nhất tại VN

デンマークにおけるFDI資本の主なものは、レゴ・グループ(玩具製造)の10億ドルの工場プロジェクトとパンドラ・ジュエリー・グループの1億ドルの工場プロジェクトです。これらの大企業はいずれもビンズンのVSIP 3工業団地に投資することを選び、工場では完全に再生可能なエネルギーを使用することを発表しています。

Nhà máy mới của LEGO rộng 44ha với tổng mức đầu tư hơn 1 tỷ USD
総投資額10億ドル以上、面積44haのレゴ社新工場を建設します。

2022年上半期にベトナムに最も多くFDIを投資する国

シンガポール

ベトナムへの新たに登録されたFDI資本に関してデンマークのすぐ後ろにシンガポールがあります。今年最初の5ヶ月間に、シンガポール企業のベトナムへの投資プロジェクトは、加工・製造業が706件、不動産業が190件、発電業が42件と最も集中しています。

シンガポールは現在、ベトナムの51/63の都市・省に投資しています。その中でも、ホーチミン市、ハノイ市、ビンズン市は、2022年4月時点でそれぞれシンガポールの投資資金をリードする3つの地方都市となっています。その中で、シンガポールのホーチミン市への投資額は118億ドル、ハノイ市は78億7000万ドル以上、ビンズン市は54億ドルです。次に、バクニン省、ロンアン省、クアンナム省がそれぞれ続きます。

韓国-中国-日本

プロジェクト数では韓国がトップで、2022年1月1日から5月20日までの期間に112件のプロジェクトが認可されています。その後、中国の75件、シンガポールの73件、日本の67件、香港特別行政区(中国)の34件と続きます。

Hàn Quốc dẫn đầu về số lượng dự án được cấp phép trong giai đoạn 1/1 đến 20/5/2022
2022年1月1日から5月20日までの期間で韓国は認可されたプロジェクトの数でリードしています

最も多くのFDIを誘致している産業

分野別では、加工製造業が常にトップで、登録投資資金全体の58.2%を占めています。第2位は不動産業で、登録投資資金全体の25.6%を占めています。投資先としては、ビンズン、バクニン、ホーチミン市の3つが、それぞれ今年最初の5ヶ月間で最も魅力的なFDI先となりました。

Phần lớn các nhà đầu tư FDI chọn rót vốn vào Bình Dương
FDI投資家の大半はビンズンへの資本注入を選択しています。 

2022年5月20日現在、外資系投資案件は77.1億米ドルを支出したと推定され、2021年同期比7.8%増加しています。このように、COVID-19の流行による困難の後、ベトナムは急速に経済を回復させ、外国直接投資の誘致において多くのポジティブなシグナルを受けているのです。