2022年最初7ヶ月の華やかなFDI誘致状況

2022年最初7ヶ月の華やかなFDI誘致状況

計画投資省によると、2022年最初7ヶ月のベトナムへの外国直接投資(FDI)は154億1000万米ドルを超え、このうち加工製造業が最も多くのFDI資本を誘致した。

工業生産を中心としたFDI資本を誘致した

計画投資省によると、2022年最初7ヶ月のベトナムへのFDI資本は154億1000万米ドルにを超えた。そのうち、加工製造業の総投資資本は100億米ドルを超え、登録総投資資本の64.3%を占めている。不動産事業は2位に位置され、この総投資資本は32億1000万米ドルを超え、登録総投資資本の約20.7%を占めている。次に、専門的な科学技術活動、情報通信活動などの登録資本金はそれぞれ約5億2620万ドルおよび4億6500万ドルに達した。

データによる、工業、特に支援、加工、製造業がFDI投資家の関心を誘致したことを分かる。この分野に中心した外国投資が過半数を占めており、不動産、科学技術、情報通信のような外資の魅力的な分野として2位、3位を大きく引き離している。加工製造業は、膨大な投資資金を誘致したのみではなく、サムスン、LG、キヤノン、ホンダ、トヨタ・・・といった世界中の大企業誘致した。この会社は効果的な投資・運用期間を経て、ベトナムへの投資を継続的に拡大している。

Trong năm 2022, Samsung đặt mục tiêu kim ngạch xuất khẩu đạt 69 tỉ USD, đầu tư thêm 3,3 tỉ USD và sẽ tiếp tục mở rộng đầu tư tại Việt Nam.

2022年、サムスンは輸出売上高690億ドル、追加投資33億ドルの目標を設定し、ベトナムへの投資を継続的に拡大している。

2022年の最初の5ヶ月間でベトナムに最も資金を注ぎ込んだFDI投資家はデンマークです。

国・地域による投資構造

7月20日までに、88の国・地域はベトナムに投資している。そのうちで、総投資額43億ドルを超えたシンガポールは1位に位置され、ベトナムの総投資額の27.7%を占めている。加工産業、不動産事業、発電事業を中心に展開している。韓国は約32億6000万米ドルで2位に位置され、総投資額の約21%を占め、昨年同期より48.2%増加した。

東南アジア諸国でもベトナムに投資しており、FDIの投資額は約47億ドルに達した。タイは、加工製造業を中心とした1,000万ドル以下のプロジェクトのように、総投資額の2億1,211万ドルに達した新プロジェクト18件がある。マレーシアは1億4,498万米ドルをベトナムに投資しており、教育訓練分野のプロジェクトに最も注力している。…

FDI資本は主に東南経済地域に注力している

2022年最初7ヶ月で、外国人投資家は全国の51の地域に投資した。東南地域と紅河デルタへの登録されたFDI資本は、ベトナムへの登録されたFDI資本全体の70%以上を占めている。そのうちで、ビンズン省は登録された総投資額の約26億米ドルで1位に位置され、登録された総投資額の16.7%を占め、2021年の同期間に94.9%増加した。ビンズン省の次には、ホーチミン市は24億3000万米ドルを超える総投資額で2位に位置され、総投資額の15.6%を占めている。バクニン省は16億8000万米ドルを超える登録された総投資額で3位に位置され、総投資額の10.8%を占めている。

ビンズオンの各工業団地はFDIの19億 ドルを引き付け、労働者が””過不足”

南部の重要な経済地域には、国内で最も多くの工業団地がある。したがって、外国人投資家がこの地域に投資するFDI資本額はは、国内のFDI誘致総額のほぼ半分を占めている。さらに、この地域においてFDIの魅力は、良好な投資環境から由来する。計画投資省の統計によると、南部重点経済地域と省は、積極的に多くの魅力的なFDI資本額誘致政策を適用し、投資家が開発の進捗を加速するための条件を作り出している。

今年の最初7ヶ月間に、多くの成果を上げたFDI誘致の状況により、ベトナムの投資環境の魅力と世界経済地図におけるベトナムの位置が積極的に変化したことが示されました。新型コロナウイルスの流行による影響を受けてから2年が経過した後、経済が回復しつつあるという状況で好ましい傾向であると言える。

情報源: 金融雑誌