2022年第2四半期のベトナムGDPは7.72%成長、過去10数年で最高を記録

2022年第2四半期のベトナムGDPは7.72%成長、過去10数年で最高を記録

統計総局によると、2022年第2四半期のベトナムのGDPは前年同期比7.72%増となり、2011年から2021年までの期間で最も高い成長率を記録したとのことです。

パンデミックの影響後のベトナム経済

第2四半期のGDP成長率は前年同期比 2011年-2022年 

2022年第2四半期のGDP成長率は7.72%、10年以上前の最高値を記録

世界経済は、新型ウイルスの流行やロシア・ウクライナ紛争の影響により、成長率が低下すると予想されていますが、ベトナム経済は財政政策の通貨導入により、プラス成長を続けています: 病気の予防に関連した経済の開放、社会保障の確保と雇用の支援、企業の復興支援、協同組合、事業家計の支援など…。

経済全体の成長率では、農林水産業が2.78%増(寄与度5.07%)、工業・建設業が7.70%増(同48.33%)、このうち加工製造業が9.66%増で経済全体の成長エンジン、サービス業が6.60%増(同46.60%)となりました。

昨年の同時期と比較した最初の6か月のGDP成長率

産業部門は高い成長率

2022年6ヶ月間の業界の成長率は8.48%です。 

前年同期比で高い成長を示している主要産業は以下のとおりです。衣料品生産は23.3%増、電気機器生産は22.2%増となっており、医薬品、医薬化学品、生薬原料の生産は17.5%増になっており ます。 

022年第1四半期のGDP構造

2021年は、コビドパンデミックやロックダウン・隔離政策により、生産・業務に多くの支障が生じます。現在、生産・事業活動は徐々に回復しています。 

2021年第一四半期におけるベトナムのGDPは4.8%増加、FDIは18.5%増加

ベトナム、2022年上半期に140億米ドル超のFDIを呼び込みます

外国投資庁によると、2022年上半期、ベトナムにおける新規登録、調整済みFDI資本、株式購入のための拠出金の合計は140億米ドル以上に達し、前年同期比8.9%増となりました。これまでは、過去5年間で、年初6ヶ月の増加率が最も高かったです。 

「最近の調整後資本の増加は、外国人投資家がベトナムの経済と投資環境に信頼を置き、既存のプロジェクトを拡大するための投資決定を下し続けていることを示しています」と外国投資局長のド・ニャット・ホアンがコメントしました。

加工製造業は、ベトナムに大規模な投資を呼び込む産業の中で常に上位に位置します。今年上半期は88.4億ドル近くで、登録投資資金総額の63%近くを占めています。近年の傾向として、大型投資案件は、製造業、組立装置、電子部品などの高付加価値産業が中心となっています。 

FDIの魅力は、ハイテクで「よりクリーンな」プロジェクトにますます焦点を合わせていることです。このシフトは、グリーン成長戦略やCOP26でのコミットメントと相まって、ベトナムは徐々に「より環境に優しい」、より質の高い資本フローの目的地となりつつあるのです。

ソース:投資新聞

2022年の最初の5ヶ月間でベトナムに最も資金を注ぎ込んだFDI投資家はデンマークです。