PCゼネコンとは何ですか? 投資家が知っておくべきEPCゼネコンのメリット・デメリットや規定など。

EPCゼネコンは、技術設計から建設までを担当し、工場建設工事に資材と技術設備を提供し、検収を確保し、完成した工事を投資家に引き渡す業者である。

EPCゼネコンの定義

Định nghĩa tổng thầu EPC là gì?

EPCゼネコン(設計・調達・建設ゼネコン)とは、Engineering、Procurement、Constructionの略称で、設計・施工・工事の技術設備提供を行うゼネコンを意味する。 技術設計から建設までを担当し、工場建設工事に技術設備を提供し、完成した工事を投資家に引き渡すゼネコンである。

EPCゼネコン (設計・調達・建設ゼネコン) とデザイン・ビルド ゼネコン (設計・施工ゼネコン) の2種類の請負契約は間違いやすい。なぜかというと、どちらのゼネコンも設計と施工を一括で責任を担う高度な専門知識とスキルを必要とするからである。最大の違いは、EPC契約では、ゼネコンが工場の設計・施工に加え、機械・ラインの供給・設置、工場の生産活動の確保を担当することを定めている。

EPCゼネコンの能力についての要求

建設省の通達 30/2016/TT-BXD は、EPCゼネコンについて詳細に規定している。 したがって、EPCゼネコンは、法律の規定に従った設計、設備提供、訓練、操作、技術移転サービスの提供、施工、建設の能力を含む、EPC契約の作業範囲全体に対して十分な対応能力を備えていなければなりません。 さらに、請負業者は、EPC契約の範囲内で60%以上の作業量を下請けに委ねられない。

Yêu cầu năng lực tổng thầu EPC

EPCゼネコンは、高品質な設計・施工の専門知識に加えて、工場の技術と生産ラインに最も精通する必要がある。設置後は投資家への技術移転を確保し、提供した機械、設備のメンテナンスサービスを保証する必要がある。

投資家が知っておくべきEPCゼネコンに関する規定

プロジェクトを効果的に実行するには、EPCゼネコンは、通達30/2016/TT-BXDの第15条に規定されている自分の権利と義務を明確に理解する必要がある。EPCゼネコンは、調査と設計資料、技術資料の精度を確認し、契約内の作業リストが正しく実施されていることを確保する必要がある。

EPCゼネコンは、投資家の承認を得た上で、品質、価格、工事の進捗を確保するために下請け業者を追加し、選定する責任もある。また、補助工事利用の合理化、無駄の回避、現場の安全と秩序の維持について下請け業者に説明する。

tổng thầu EPC nhà đầu tư cần biết

さらに、EPCゼネコンは投資家と積極的に協力して、結んだ契約に従って工事を使用するための管理者や操作者向けのトレーニングを行う必要がある。また、 契約に関連する機密情報は合意どおりに保管する必要がある。 法律の規定に従って基本設計またはFEED設計を元に工事設計書を作成する。

さらに、EPCゼネコンは、契約要件を満たす技術機器の調達と供給を行い、製品が法規に従って知的財産権を侵害しないようにする責任がある。契約に基づき、試験、調整、試運転、引き渡しなどの業務を実施する。

EPCゼネコン契約とは何ですか? EPCゼネコン契約の適用事例

EPCゼネコン契約とは何ですか?

法令第37/2015/ND-CPによると、EPCゼネコン契約は、建設投資プロジェクトのすべての工事を設計し、技術機器を提供し、建設する契約である。プロジェクトを同期的に稼働させるために、調査、設計、資材の購入、技術的設備の提供から建設までの作業の完全なパッケージを同時に実行する投資家と請負業者の間の契約である。

Hợp đồng tổng thầu EPC là gì?

EPCゼネコン契約を適用すべきケース

数十万人の作業者と多数の機械ラインを備えた大規模な製造および組立工場プロジェクトの場合、評判の良いEPC会社を探すのは投資家にとって適切な選択となる。
しかし、EPC契約の金額は非常に高額な場合が多く、投資家が詳細に管理するのが難しい作業項目が多く、そして施工から設備設置までのほぼの作業をEPCゼネコンに任せる為、一定のリスクもある。したがって、EPC ゼネコン契約は、投資家が契約の範囲について詳細な規定を設けている場合にのみ適用されるべきである。 EPCゼネコンを規定する通達30/2016/TT-BXDにも、建物の品質管理の要件、テスト、試運転、保証、メンテナンスなどの合意が必要な内容に関する詳細な指示が記載されている。

投資家は、安全性と生産品質を確保するために、施工経験があり、工場の機械システムを理解し、専門知識を持つ EPC会社を選択するべきである。

EPCゼネコンのメリット・デメリット

EPCゼネコンのメリット

EPCゼネコンを選択することで、投資家は 1 つの主要な担当者と仕事して管理するだけで済む。投資家がEPCゼネコンの経験と技術資格を活用できるため、最適なコスト、時間、人的資源を節約できる。

さらに、EPCゼネコンは設計および建設プロセスから生じるすべての問題に対して高い法的責任を負うことが多いため、EPC ゼネコンを選択することは、投資家が法的プレッシャーを緩和させるのにも役立つ。

EPCゼネコンのデメリット

EPC契約の金額は多くの場合非常に大きく、投資家が詳細に管理するのが難しい作業項目が多い。 特に、EPCゼネコンは契約を勝ち取るために初期価格を低く提案し、その後、工事を実施するプロセス中に価格を引き上げることができるため、投資家はコストと時間をコントロールできなくなるリスクがある。

さらに、下請け業者はEPCゼネコンの決定に基づいて選択される可能性があるため、投資家は下請け業者を選択して協力することが制限される可能性がある。 特に、EPCモデルでは、変更によってコストが増加し、プロジェクトの進捗に影響を与える可能性があるため、プロジェクトの開始後にプロジェクト要件の変更を受け入れる能力も制限される。

tổng thầu EPC

インフラ整備プロセスを最適化、電気機械システム(MEP)の提案を考慮し、最も効果的なライン設置を確保し、工場の安全な生産運営を確保できるように投資家を全力で積極的にサポートすることを目指して、DELCOは設計・施工ゼネコンでありながら、さまざまな製造分野の技術、工場の生産ライン、工場の運営手順などを常に研究している。

Dự án xây dựng nhà máy Dorco Living Vina Hà Nam 2022

Dorco Living Vina Ha Nam工場の建設プロ​​ジェクト – 2022年

DELCOは、Power Plus Technology ベトナム工場、NITTOKU ベトナム工場、Curious Seiki ベトナム工場、Ha Nam省のDORCOVINA工場など、多くの複雑な生産ラインシステムを備えた多くの大規模プロジェクトで工場と機械電気システム (MEP) の設計・施工を行うゼネコンである。

Nhà máy NITTOKU Việt Nam

NITTOKU ベトナム工場は長さ100メートルを超える紙生産ラインを持ち、日本の投資家の生産基準を確保するために機械基礎システムに厳しい要件が設けられている。 DELCOエンジニアリング チームは、これらの複雑な機械システムの構築と設置をサポートするために、日本のエンジニアと緊密に協力した。

この記事は次のソースを参考に編集・制作された:通達30/2016/TT-BXD および政令 No. 37/2015/ND-CP

もっと見る: 建設ゼネコン契約の種類

シェア