QCVN 01:2021/BXDの建設密度に関する注目すべき新ポイント

QCVN 01:2021/BXDの建設密度に関する注目すべき新ポイント

関連する法律文書: Circular 01/2021/TT-BXD on QCVN 01:2021 建設計画に関する国家技術規則は、Circular 22/2019/TT-BXD on QCVN 01:2019/BXD を置き換える。

2021年5月19日付のガイディング・サーキュラーNo.01/2021/TT-BXDと共に発行されたQCVN 01:2021/BXDは、建設計画と投資家への影響に関する非常に顕著な変更点がある。

正味建築密度

Mat do xay dung thuan

純建築密度とは、土地の面積に対する主要建築物の土地占有面積の割合である(装飾ミニチュア、プール、ヤード(中庭)などの屋外作品の占有面積、駐車場、運動場、セキュリティハウス、エントランス、屋根の換気装置などの技術的なインフラ工事を除く)。

現行のものと比較して、「上下の入り口、屋根のある地下の換気ユニットは、屋外の建物の土地占有面積に含まれない」という項目が追加されている。

最大の正味建物密度

 

工場や倉庫を建てるための土地の最大正味建設密度は70%。生産用の5階以上の工場を建てるための土地の場合、最大の正味建築密度は60%

建築物の高さに関係なく、建設密度だけでなく、正味の建築密度も再定義されている。これは、投資家と工場のゼネコンが工場の設計をする上で、まさに結び目となるもの。新しい規制では、投資家は工場の土地資金を最大限に活用して、建築面積を増やしたり、建築階数を増やしたりして、キャパシティチェーンに合わせた生産工場を建てることができる。

工場内の樹木の密度

Mat do cay xanh tai nha may

しかし、QCVN 01:2021/BXD では、QCVN 01:2019/BXD と比較して、工場内の樹木の密度については変更がない。従って、表 2.11「工事用地の最低樹木割合」では、工場の項目は引き続き、最低植樹割合 20%に達する必要がある。

 

緑地の最低割合

工場の樹木密度の比率を変えずに、上記の許可された建物密度では、困難も生じる。また、道路用のエリアは、義務的なセットバック、道路、倉庫の基準を満たしている。 

— delco-construction.comのウェブサイトに掲載されている記事の著作権は、DELCO® Constructionに帰属する。DELCO®の書面による同意なしに、画像やコンテンツをコピーしたり編集したりしないでください。—