スマートマニュファクチャリングと基本的な実現方向

スマートマニュファクチャリングと基本的な実現方向

スマートマニュファクチャリングは、多くの工場が目指しているモデルです。しかし、実現方法はそれほど単純ではありません。正しい方向を決定することは目標の一部分に到達しました。

スマートマニュファクチャリングとは?

スマートマニュファクチャリング(Smart Manufacturing)は、生産サイクルのあらゆる面に高度なテクノロジーを適用して、生産性を向上させ、時間とコストを節約し、環境を保護することです。

スマートマニュファクチャリングのメリットは、世界中の多くの企業によって実証されています。世界をリードする自動車タイヤ会社Goodyearは、製品設計にデジタル化して新製品の設計時間を3年から1年に節約し、開発コストをR&D用の予算の40%から15%に削減できました。

耐久性と素材の検討におけるデジタル化により、Airbus A320 は航空機1台あたり約500kgを削減し、年間166トンのCO2排出量を削減できたので、環境保護に貢献します。

スマートファクトリーのピラミッドモデル

スマートファクトリーピラミッドモデル

企業経営のためのITシステムおよび自動化システムの「IEC:62264」ピラミッドモデル

スマートファクトリーのシステムはレベル0からレベル4までの5つのレベルに分かれています。

  • レベル4は、企業全体の管理のための情報技術システムです。具体的には、企業資源計画、顧客関係管理、サプライチェーン管理と製品ライフサイクル管理です。毎日、毎月、四半期ごと、毎年の頻度で監視・使用されます。
  • レベル3は、自動生産管理、生産進捗レポート、ロット監理、品質管理・分析といったシステムです。毎秒、毎分、毎時、バッチ/ロットごとの単位で使用されます。
  • レベル2は、ミリ秒、秒、分、および時間単位でデータを監視・収集する制御システムです。
  • 制御装置(レベル1)は、センサーにより生産プロセスに直接参加する装置(レベル0)と組み合わせて、レベル2と通信できるスマートデバイス(smart device)を形成します 。

企業はどのようにスマートマニュファクチャリングを導入するのか?

スマートマニュファクチャリングは、以下のテクノロジーを主に使用します。

センサー技術

センサーは、機械・設備・製品などに組み込まれ、出力、消費、または操作条件を測定します。センサーは、スマートマニュファクチャリングの自動分析と処理のための入力情報を生成します。

エアコンセンサー技術
Power Plus Technologyスマートファクトリーでのエアコンの温度センサー(DELCOはD&Bとスマートシステムの実行のゼネコン)

無線ネットワーク

工場内のすべての機械と設備は無線ネットワークを介して接続されているため、データの収集と共有が簡単です。Internet of Things(IoT)は、スマートマニュファクチャリングの重要なテクノロジーの1つです。

データ解析

センサーによる収集された情報と無線ネットワークによる工場全体の接続は、膨大な量のデータをもたらします。そのデータを分析することで、問題を早期に検出し、最適化し、正確な決定を下すことができます。

スマートシステム制御キャビネット
ビンズオン省GS Battery Factoryでのスマートシステム制御キャビネット(DELCOはD&Bとスマートシステムの実行のゼネコン)

スマートシステムを導入する際、DELCOは最も実用的なテクノロジーを常に優先します。DELCOはセンサーを使用して室内温度、屋外温度、エアコンの温度を監視し、温度差に基づいたアルゴリズムによって空調システムを自動的に制御します。さらに、エアコンの操作状態を監視し、保証注意し、修理することもできます。この最新技術の組み合わせは、投資家の電力コストと保証コストを削減するだけでなく、電力消費も削減するので、環境保護に貢献します。

AI・人工知能

このテクノロジーにより、コンピューターシステムの複雑なアルゴリズムを使用して、人間の知的を模倣し、コンピューターが人間のように考えたり行動したりできるようになります。AIの最大の効果は、労力を節約し、生産の精度を向上させることです。

DELCOにより設置されたPower Plus Technologyスマートファクトリーでの人工知能を備えた顔認証「Face ID」システム。3秒で顔を認証し、数百万の顔の大規模なデータを処理できます。

スマートマニュファクチャリングは世界的な動向です。ベトナムでは、政府はデジタル経済とスマート産業を発展させるため、多くの投資優遇措置を与えてきました。企業は、新投資または企業経営のソフトウェアのアップグレード(「IEC:62264」のレベル4)から始めて、その後スマートデバイスやレベル3、2、1、0のシステムの開発へ、というように第4次産業革命に参加できます。

いままで、DELCOはすべて5つのレベルでスマートファクトリーを実行した経験があり、台湾のPower Plus Technology工場や日本のGS Battery 工場など、主な顧客はFDI投資家です。建設および設計コンサルティングの分野で15年近くの経験を持つDELCOは、常に実用的なテクノロジーを格好な値段でおすすめします。