ベトナムにおける基本給:投資家が知っておくべき問題

ベトナムにおける基本給:投資家が知っておくべき問題

東南アジア諸国の基本給与指数の比較

東南アジアの他国と比較すると、ベトナム人労働者の基本給は約4.92ドルから5.55ドル/日で、147.47ドルから166.57ドル/月に相当し、タイ(270.71ドル/月)、マレーシア(($218.16 – $237.13/月)及びフィリピン($ 172.58- $ 301.57 /月)よりもはるかに低いである。

アジアの労務コスト比較

出典:theaseanpost

ベトナムにおける基本給は、ラオス($ 110.34 /月)、カンボジア($ 140 /月)、ミャンマー($ 80.28 /月)よりもわずかに高いである。ただし、ベトナムは次の点で依然として投資家にとって魅力的な目的地である。

    • 政治状況は安定している。
    • FDI誘致の魅力的な政策
    • 若くて習熟度が向上している若年労働者の割合が大きいである。
    • 交通運送に便利な絶好のロケーション
    • 政府は最近のCOVID-19の流行をうまく制御しており、経済の回復と発展のための良い前提を作っている。
    • ベトナムは、COVID-19の大流行後も経済成長を維持している数少ない国の1つでもある。

ベトナム 経済 成長 予測

追加の参照COVID-19の大流行の真っ只中で、ベトナムは引き続きFDI資本を引き付ける明るいスポットである

ベトナムの主要都市の基本給

現在、ベトナムの労働者の最低賃金は、ベトナム政府が307万VNDから442万VND /月(131.9ドルから189.94ドルに相当)の範囲で規定しており、次のように地域別に設定されている。

  •  地域I(ハノイ、ホーチミン市、ビンズォン):442万VND /月(189.94ドルに相当する)
  • 地域II(ダナン、クアンニン、ハイフォン、バクニンなど):392万VND /月(168.45ドルに相当する)
  • 地域III(ハナム、ハイズオン、バクザンなど):343万VND/月($ 147.4に相当する)
  • 地域IV(ハティン、ゲアン、ホアビンなど):307万VND/月(131.9ドルに相当する)。

ベトナム政府は、1〜2年/回の頻度で最低賃金を調整し、毎回の増加は平均で5〜5.5%である。GDP(国内総生産)およびCPI(消費者価格指数)の成長率が6〜7%/年の範囲であるのと比較すると、この調整は妥当で経済専門家の予測内であることがわかる。

参考:給与交渉時のベトナム人労働者心理

参考資料:90/2019 / ND-CP号議定Luatvietnam.vnJetroTheaseanpost など.