ベトナムのハイテク産業の発展傾向

2023年に、ベトナムはハイテク分野へ投資している3万8千件以上の有効なFDIプロジェクトがあり、 登録資本総額は4,530億ドルを超え、実現資本の累計は2,870億ドルに達し、登録総資本の63.3%を占めている。 Samsung、 Apple、 Medochemieなどのハイテク産業の多くの大企業がベトナムに投資している。

ベトナムのハイテク産業の現状

ハイテク産業へのFDI誘致は近年、ベトナムの優先戦略となっている。 2023年に、ベトナムはハイテク分野へ投資している3万8千件以上の有効なFDIプロジェクトがあり、 登録資本総額は4,530億ドルを超え、実現資本の累計は2,870億ドルに達し、登録総資本の63.3%を占めている。 現在、全国にはHCM市ハイテクパーク、Hoa Lacハイテクパーク、Da Nangハイテクパークの3つのハイテクパークがある。

Toan canh khu cong nghe cao Da Nang

Da Nangハイテクパークのパノラマ

ベトナムのハイテク産業の明るい点の1つは、推定投資資本が2億2,000万ドルとなったハノイに東南アジア最大の研究開発センターを置いたSamsungなどのような世界の多くの大手テクノロジー企業を惹きつけていることである。 Samsungはまた、ベトナムにおけるスポンサーシップマネーを180億ドルから200億ドルに増額し、Thai Nguyen省のSamsung Electro-mechanics Vietnamプロジェクトの資本金を9億2000万ドルに増資したことも発表した。

Appleはまた、iPadの生産を中国からベトナムに移し、本ブランドの最大のパートナーであるFoxconnに対して、ベトナムにMacBookの生産ラインを設立するよう要請した。 FoxconnとGoerTekはBac Giang省に3億ドルの追加投資を発表し、PegatronはHai Phongに工場を建設するための約4億8,100万ドルを投資し、研究と開発センターを中国からベトナムに移転する計画を立てている。

4 Nha may

Bac Giang省のFoxconn工場

さらに、AstraZenecaが7兆VNDぐらいを投資し、ベトナムに生産技術を移転したことで、医療技術と医薬品の分野も大きな進歩を遂げた。 Medochemieはまた、5つのハイテク製薬工場に投資し、ヨーロッパへの輸出向けに生産する高品質の技術移転の医薬品に焦点を当ている。

さらに、バイオテクノロジーと再生可能エネルギーの分野もますます成長しており、Amgen、First Solar、Canadian Solarなどの世界の多くの大手企業が注目している。

もっと見る: 2024年に欧州からベトナムへのFDI誘致の見通し

なぜベトナムはハイテク産業へ投資するFDI企業を誘致するのでしょうか?

ベトナムは世界有数の高い成長率を有すると評価され、世界銀行によって成長率が2024年までに6%に達すると予測されている。安定で発展している経済状況により、ベトナムは多くの外国人投資家、特にハイテク産業の投資家にとって魅力的な投資先となっている。

さらに、東南アジア地域の諸国と比較して人件費が低いこと、サプライチェーンの統合がより容易であること、自由貿易へのアクセスがより良好であることなどの多くの要素も、ベトナムに移転するテクノロジー業界の大企業を惹きつけているのに役立つ。 とりわけ、ベトナムが15の異なるFTAにも参加し、50カ国以上と貿易関係を結んでいることにより、企業が多くの税制上の優遇措置を享受できるだけでなく、輸出入市場を拡大できるようになる。

FDI企業がベトナムに投資する際に受けられる税制上の優遇措置

さらに、FDI 企業がベトナムのハイテク産業に投資する時、次のような政府による税制上の優遇措置も受けられる。

  • 法人税の優遇: 企業は、法律第32/2013/QH13号の第13条に基づいて、15年間10%の税率を受けられる。政令第218/2013/ND-CP号に基づいて、法人税は最初の4年間免税され、その後9年間 50%減税が適用される。
  • 付加価値税の優遇: 企業は付加価値に対して 5%の税率が適用される。
  • 輸入税の免税: 企業は、原材料、資材、部品の輸入税が5年間免税される。
  • 借地料の優遇: 企業は、政令第35/2017/ND-CP号の第14条に基づいて、期間限定の借地料と土地使用料が減免される。

ベトナムのハイテク産業の発展傾向

ベトナムのハイテク産業は、選択的な投資誘致構造へ徐々に変化し、徐々に幅広さから深さへ変化し、焦点方向をローテク製造製品の輸出からハイテク製品の輸出へ変化している。ベトナムは、環境に優しく、付加価値が高く、生産チェーンと人材育成を結びつける現代技術を応用したプロジェクトを優先している。

Xu hướng phát triển ngành công nghiệp công nghệ cao tại Việt Nam

ベトナムで発展の可能性があり、多くの投資家が関心を寄せているハイテク産業には、電子技術、情報技術、バイオテクノロジー、エネルギー技術などがある。特に電子技術業界では、ベトナムに工場を設立しているAppleのパートナー190社のうち25社が2025年までにベトナムでAirPodsヘッドフォンの65%、Apple WatchとiPadの20%、Macbookラップトップの5%を生産する予定である。バイオテクノロジー業界は国からも注目され、成長率は2030年までに50%に達し、国のGDPの最大7%に寄与すると予想されている。

Ngành công nghệ sinh học cũng được nhà nước chú trọng quan tâm

さらに、医療分野のモノのインターネット(IoT)製品に応用される最初の集積回路チップを市場に投入したFPT Semiconductorなどの多くのベトナムの大手テクノロジー企業は重要な進歩を遂げている。Viettelは、Meggittの航空宇宙産業向けの製品に統合される精密機械加工製品のサプライヤーにもなった。

ベトナム政府はまた、ハイテクゾーンの拡大と開発のための新しい政策、優遇措置、規定の公布を約束するなどのハイテク業界のFDIを誘致するための具体的な目標と戦略を設定し、ヨーロッパ、アメリカ大陸、アジアからの外国登録資本金の比率を2025年までに70%以上のベトナムの総払込資本金、2030年までに75%のベトナムの総払込資本金に上げるよう努力している。

もっと見る:2023年のベトナムへのFDI投資誘致に関するレポート:成長の勢いが続き、世界中の投資家を魅了する

もっと見る:ベトナムの輸出加工産業の発展動向:高付加価値産業の促進を中心とした持続可能な発展

シェア