ヴィンフック省がFDI投資家を引き付ける3つの要因

ヴィンフック省がFDI投資家を引き付ける3つの要因

1998年にヴィンフック省がベトナムでFDIプロジェクトを8つしか持っていなかった反面、2019年末までに有効なプロジェクトの総数は384件であり、総投資額は50.2億米ドルである。この目覚ましい成長は、絶好のロケーション、優れたインフラ、およびFDI企業に対する魅力的なインセンティブからもたらされる。

絶好のロケーション

ヴィンフック省は、ベトナムの首都ハノイのすぐ隣に位置し、ベトナム北部の主要経済地域にある省である。省はノイバイ空港に隣接し、北西部の各省とハノイおよびレッドリバーデルタを結ぶ重要な交通軸上にあるため、ベトナムの経済開発戦略において非常に重要な役割を果たしている。

現在、ヴィンフック省には、8,000ヘクタール以上の面積で20近くの工業団地があり、多くの大企業がここに投資している。絶好のロケーションに加えて、ヴィンフック省の労働力も非常に豊富で、総人口の60%以上を占め、その主に若年労働者である。

 

イメージ写真:他の省と比較したヴィンフック省の主要な工業団地の位置と数との相関関係

参照:ベトナムの主要工業団地集中地図

インフラストラクチャ

ヴィンフック省の都市交通インフラは、ヴィンフック市街地の北-南、東-西軸などの対外交通ルート;中心部までのルート;ヴィンフック市街地の環状道路1、2、3などに投資および構築されており、ヴィンフックから北デルタの各省、北西部の各省、ハノイへの交通に非常に便利である。

ヴィンイエン市

2016年から2018年の期間に、省は基本建設のために56.7兆VNDを調達し、そのうち交通システムと生産インフラプロジェクトへの投資資本は34%を占め、社会インフラプロジェクトへの投資資本は2017年から2020年の期間に省のインフラストラクチャの総投資資本の31%を占めている。

FDIを誘致するための優遇政策

FDIを誘致するためのベトナムの一般的な政策の傍らで、ヴィンフック省は、投資家を税金と手数料でサポートし、行政手続きの負荷を軽減するための多くの特有なインセンティブも提供している。

行政手続きについて

+ 投資証明書の発給の審査手続きに対して:25〜30日から15日に短縮した(投資家は書類の提出日から15日以内に結果を受け取れる)。

+ 投資証明書の発給手続きに対して:15日から10日に短縮した(投資家は書類の提出日から10日以内に結果を受け取れる)。

ヴィンフック県の工場

写真:GS-YUASAと三菱がVinhPhucに投資したGSベトナムファクトリープロジェクト。

各手数料について

+ 投資プロジェクトの書類作成のコンサルティング費用のサポート:登録総資本が20万米ドル未満のプロジェクト:2,000万ドン;登録総資本が20万米ドルから50万米ドル未満のプロジェクト:3000万ドン;登録総資本が50万米ドルから100万米ドル未満のプロジェクト:5,000万ドン;登録総資本が100万米ドルから500万米ドル未満のプロジェクト:1億ドン;登録総資本が500万米ドル以上のプロジェクト:2億ドン。

+ 会社設立の公開、製品の宣伝などサポート費用の合計は、200万ドンを超えない。

+ 企業が次の料金および手続き料金を支払った金額の100%をサポートする。省人民委員会の審査権限に属するプロジェクトに対する環境影響評価レポートの審査料金;土地使用権を付与するための料金; ベトナムで働く外国人のための労働許可証の発行、再発行および延長の料金;社印サンプルの登録料。

– 次の料金の100%を援助する:産業クラスターのインフラストラクチャーに関する投資プロジェクトの環境影響評価レポートを作成する料金;1/500の比率で産業クラスターを計画する料金;産業クラスター内の爆弾と地雷の発見及びクリアランスの料金。

– 次を含む共通の技術項目のサポート:規定されている基準を確保する廃棄物収集および集中の廃水処理システム。産業クラスターの規模に応じた具体的な援助は次の通りである。10ha未満の面積がある産業クラスター:サポート料金は50億VNDを超えない。10〜20 ha未満の面積がある産業クラスター:サポート料金は70億VNDを超えない。20ha以上75haまでの面積がある産業クラスター:サポート料金は100億VNDを超えない。

–産業クラスターで生産および事業活動を行う生産および事業所に対して、職業訓練のための1回限りの資金援助は70万ドン/人(省人民評議会の決議に従った職業訓練支援を受けていない人に対して)である。*

2020年末までに、ヴィンフック省全体で有効期限が残るFDIプロジェクト444件があり、登録投資総資本は50.2億米ドルになると予想されている。その中で、韓国は現在プロジェクト207件でリードしており、総投資資本は22億700万米ドルである。次は、プロジェクト47件及び総投資資本1兆1,690 億米ドル以上での日本国である。日本の次は、プロジェクト37件及び登録総投資資本9億4,366万米ドルでの台湾である。投資の誘致・支援政策の継続的な実施とインフラストラクチャー建設への投資により、ヴィンフック省は引き続きFDIをベトナムに誘致するための明るいスポットである。

Xây dựng nhà máy công nghiệp phụ trợ UTECH
UTECHベトナム工場は自動車製造業向けの補助製品を製造しており、DELCOは工場を建設するゼネコンです。

インフラ建設への投資だけでなく、投資を誘致するための政策を継続的に実施することで、ヴィンフックはベトナムへのFDI投資を誘致するための明るい場所であり続けるでしょう。 それに伴い、工場建設の需要も増加しました。 ヴィンフックに一流工場を建設するゼネコン1つとして評価されているデラウェアは、信頼できるパートナーであり、ここに投資する際に企業に同行し、支援してきました。

参考:FDIの新しい波がベトナムに来ている

参考資料:Vinh Phuc計画投資局、Vinh Phuc Webサイト、産業貿易誌、カフェランド雑誌