投資環境を改善するための努力はバクザン省(Bac Giang)がベトナム国内でFDIを誘致する地域のトップに入っています。

投資環境を改善するための努力はバクザン省(Bac Giang)がベトナム国内でFDIを誘致する地域のトップに入っています。

最近の5年間、国内でFDI(海外直接投資)を最も引き付けている地域のトップにはバクザン省が継続的に入っています。

バクザン省のメリット

ハノイ市の中心まで50分以内で移動可能であり、東北の経済回廊の中心位置にあるバクザン省は、「ダイヤモンド」の位置と見なされ、東北の経済回廊には、ランソン省 (Lang Son)、ハノイ市、バクニン省(Bac Ninh)、バクザン省、ハイフォン市(Hai Phong)とクアンニン省(Quang Ninh)省が含まれます。

ハノイ市とランソン省とドンダン国際国境検問所を結ぶ幹線道路に位置するバクザン省は、中国からその逆も輸出入された商品や材料の流通・輸送の中心点の1つとしても知られています。

バクザン省のFDIを誘致する魅力点

バクザン省をはじめ、近年の各地域の投資を誘致するための政策には、行政改革と投資環境の改善が常に焦点を当てられますから、企業のその地域への投資にかなり便宜を図ったと評価されています。

行政改革

行政改革-1

2016年に、当省の中央行政センターが稼働したおかげで、行政手続きが便利、迅速、公的かつ透明になりました。20206月、企業や投資家の困難を把握し、迅速に解決するために、情報を受け取って処理する専用グループが設立されました。

投資環境の改善

投資家を歓迎するため、バクザン省は、都市間を結ぶような道路をはじめ、インフラを積極的に整備している一方、現場清掃・土地企画を加速し、完成させています。

職業教育におけるソリューションの強い展開により、バクザン省の訓練を受けた労働者の数と質は高まっていき、地域および国際レベルに近づきつつあります。当省で毎年教育される80以上の職業と分野における約41,275人の学生は、投資家の採用ニーズを満たす質の高い労働力になっています。

この5年間で、海外直接投資(FDI)をはじめ、投資を引き付ける国内での地域のトップにはバクザン省が継続的に入っています。特に2020年の最初の9か月で、バクザン省は22件のFDIプロジェクトを受けました。登録資本金は3790万米ドルでした。

HAEMVINAファクトリー
HAEM VINA工場・DELCOが設計&建設のゼネコンとして担当したバクザンでの電子部品分野の工場の1つです。

バクザン省の克服すべきな弱み

経済専門家によると、バクザン省へのFDI流入は主に加工と組立に焦点を当てており、食品加工・製造・農業のプロジェクトはほとんどありません。農業発展に必要な環境に恵まれ、ティエウ種 ライチが名産物だと知られているバクザン省に対してこれは克服すべきな弱みの一つ目になります。

ハイテク農業
バクザン省はハイテク適用と農業への投資を誘致する方針を示しています。

ここでのFDIプロジェクトは主に旧式のローテクを使用しており、ハイテクのプロジェクトはほとんど見られません。FDI企業と国内企業間の相互関係が弱くて、FDI企業から国内企業へのアクセスと技術移転は効果的ではありません。

工業用地がますます少なくなっていく状況の中、バクザン省は各投資プロジェクト,特にFDIプロジェクトを、次の選択条件を決めました:合理的な土地利用、少ない労力の使用、高度で最新のテクノロジーの使用、安定した長期的な投資。恵まれた強みと十分に整った投資誘致条件により、バクザン省は2020年に10億米ドルのFDI投資が達成できると楽観視しています。

ソース:バクザン省の情報ポータル; 商工新聞、労働社会問題ジャーナル