新型コロナウイルス状況でベトナムの入国規制の更新

新型コロナウイルス状況でベトナムの入国規制の更新

新型コロナウイルスのパンデミックによる経済への影響を緩和しながら経済回復と安全確保のバランスを取るため、ベトナム政府は、国際的渡航の制限の緩和政策を講じました。(ただし、依然として厳しい条件下で)。政府は最近、外国人投資家、専門家、熟練労働者および彼らの家族が長期・短期で入国できるようにするためのガイドラインを発表しました。

Thu tuong Vu Duc Dam

ベトナム入国の前に

ステップ1:出入国管理局にてビザ申請の完全な書類を提出し、5〜7日以内に結果を受け取りに来てください。

ステップ2:一般的に、航空会社は外国人投資家に航空券を発行する前に以下の書類を提出することを要求します:

  • パスポート(出発日前少なくとも6か月の残存有効期間がある)、
  • 事業登録証明書、投資登録証明書のコピー、
  • 中央直轄市の人民委員会及び企業の本社/支社を置く地方の保健局に送信した外国人入国申請書(フォームあり)、
  • 待機計画と確約(フォームあり)、投資家は、ベトナムでの特定の業務スケジュールとともに、待機施設を登録する必要があります。
  • 国際健康保険は、滞在期間中ベトナムでの診察と治療に対して支払うことができます。
  • ベトナム到着の5〜7日前に、管轄の保健機関によって発行された新型コロナウイルス陰性証明書(RT-PCR 検査法を使用・英語版)。

ベトナム入国の手続き

1015日から、ベトナムに入国するすべての者は、少なくとも28日間で健康宣言、検疫、および医療監視(待機)に関する規制を厳格に遵守しなければなりません。入国した投資家は、引き続きコロナ検査を3回受診し、費用は自分で負担するとします:入国直後、待機中、待機施設を出る1日前。

保健省の規則によると、待ち時間を減らすために、ベトナム入国前の24時間にウェブサイトhttps://tokhaiyte.vn/ にてオンラインで健康宣言を行うこともできます。

新型コロナウイルスの中入国際の注意事項

コロナの予測不可能な状況の中、地方のの情報と指示を頻繁にに更新する必要があります。

  • ベトナム政府は依然として、住民に公共の場所でマスクを着用し、密集と避けるように呼びかけています。
  • ハノイ市は11/11から、以下の場所でマスクの着用を義務付けることを発表しました:1)病院; 2)駐車場、ターミナル; 3)公共交通機関; 4)ショッピングモール; 5)スーパー、市場。他の地域に対しても、事前の通知なしに同様の措置を適用する場合があります。

Deo khau trang noi cong cong, tranh lay nhiem Covid-19

ソース:保健省のウェブサイト