給与交渉時のベトナム人労働者心理 - Delco Construction

給与交渉時のベトナム人労働者心理

グロス給料或いはネット給料?

グロス給料とは給与、各種の手当、コミッションなどを含む、労働者が受け取る総支給額のことである。グロス給料を受け取る労働者は、社会保険を支払うために所定の金額を差し引く必要があります (595 / QD-BHXH号決定によると、労働者は8%を退職および死亡基金に、1%を失業保険基金に、1.5%を健康保険基金に納付する必要がある)。

熟練した労働者を引き付けるために、ベトナムの企業は良く平均500万から700万/月のグロス給料を設定する。収入構造は、基本給、手当、生産性ボーナス等を含む。

ネット給料とは、保険料、個人所得税、その他の労働者の控除項目を差し引いた賃金である。

したがって、グロス給料=ネット給料 + 保険料の10.5%。一方、ネット給料 = グロス給料 – 保険料の10.5%。 グロス給料は総収入である。ネット給料は手取り額である。

参考:ベトナムにおける基本給:投資家が知っておくべき問題

Vietnam labor minimum wage,給与交渉時のベトナム人労働者心理

給与交渉時の労働者に影響を与える要因

多くの外国人投資家は、ベトナム人労働者は「この山に立っているが他の山を見る」という精神で、さまざまな工場の賃金を比較する習慣があると信じている。 これは間違いではない。しかし、人材競争環境では、企業の給与や増額の約束に加えて、ベトナムの熟練労働者は、労働条件、企業の管理方法などの他要因にも関心を持っている。

  • 労働条件:宿舎、食堂、空調- 換気のシステム – 作業スペースなどのインフラは、生活の質を保証しているか。 労働条件は確保されているか等。
  • 管理方法:管理方法 – 工場の生産量(ノルマ)の計算は合理的かどうか。 公平であることが保証されているか?

したがって、給与/収入の分配に関する懸念に加えて、投資家は、インフラ、労働条件などにも注意を払い、公平な管理システムを作って従業員の利益を確保する目的で管理にいくつかの新しいテクノロジーを適用する必要がある。

参考:職場でのベトナム人労働者の5つの特徴

 

 

 

 

シェア