2020年環境保護法の産業建設分野への重要な変更点

2020年環境保護法の産業建設分野への重要な変更点

2022年1月1日から施行される「ベトナム2020年環境保護法」では、環境影響評価や環境許認可などに関する重要な点が新たに追加されています。 

2020年環境保護法の重要な変更点

2020年11月17日、16章、171条(2014年の環境保護法に比べ、04章減少、01条増加)、環境保護活動に関する規制からなる環境保護法が成立しました。法律は2022年1月1日から施行されます。

2020年環境法には、次のような新しいポイントがあります:

– 投資案件を分類する環境基準の発行、環境負荷の事前評価

– 環境保護における国家管理能力に関する追加規定

– 環境許可証の新着情報

-分別活動による家庭ゴミの管理

-分別しない人は回収を拒否されます。

– 広報、相談活動の強化、環境保全活動における地域社会の役割の推進

Các thay đổi quan trọng của Luật bảo vệ môi trường 2020

産業建設部門に関する重要な最新情報

投資プロジェクトを分類するための環境基準のグループ化、行政手続き削減のための環境影響の事前評価

従来の環境保護法では、主に環境への影響度や土地利用面積を基準にして投資案件を分類していました。ただし、環境保護2020法では、投資プロジェクトを分類し、環境への影響を評価するための詳細な環境基準が以下のように追加されました。

環境保護法第28条第1項により、投資プロジェクトを分類するための環境基準には、以下のようなものがあるとされています。

a) 規模、生産能力、生産、事業、サービスの種類;

b) 土地利用、水面下および海域の面積、天然資源の開発規模;

c) 環境に敏感な要素:住宅密集地、家庭用水供給目的の水源、生物多様性と漁業に関する法律の規定による自然保護区、林業に関する法律の規定による森林の種類、有形文化遺産とその他の自然遺産、02以上の作物のある湿田栽培用地、重要湿地、移住・再定住の要件、その他の環境に敏感な要素など。

環境保護法2020」第28条第2項の規定により、環境基準に基づき、投資プロジェクトはI、II、III、IVの各グループに分類されます。そので:

グループIの投資プロジェクトは、環境に悪影響を与えるリスクが高いプロジェクトです。

グループII投資プロジェクトは、環境に悪影響を及ぼすリスクのあるプロジェクトです。

グループIIIの投資プロジェクトは、環境への悪影響のリスクが少ないプロジェクトです。

グループIVの投資プロジェクトは、環境に悪影響を与えるリスクのないプロジェクトである

具体的には、環境保護法のいくつかの条文を詳述した政令08/2022/ND-CPを参照してください

2020年の環境保護法第3条第6項:「環境影響予備評価とは、投資プロジェクトの実施可能性調査の段階、または投資プロジェクトの実施を提案する段階において、投資プロジェクトの主要な環境問題を検討し、特定することです」。この評価を実施するため、2021年5月21日、政府は環境影響の予備評価を定めた政令第54/2021/NĐ-CP号を公布しました。

以上の変化により、工場建設企業はプロジェクトに適した建設用地面積を選択することに注意を払う必要があります。また、環境への悪影響のリスクが高いプロジェクト(グループI)のみ、環境影響評価の予備審査が必要とされています。この規制により、投資家は工場建設プロジェクトに必要な環境手続きの時間とコストを大幅に削減することができます。

2020年投資法(改正版)と投資家が知っておくべきこと

環境許可証の新着情報(GPMT)

環境許可は、フィージビリティスタディの段階から、プロジェクトが稼働する際のポストインスペクション(検査・審査を通じて)、または環境登録と関連許可の取り消しだけが必要です。 

許可が必要な対象は以下の通りです:

  • グループI、グループII、グループIII(2020年環境保護法第28条第2項による)の投資プロジェクトで、排水、粉塵、排ガスを環境に排出するものは、廃棄物管理に関する規制に従って処理するか、有害な廃棄物を発生させる必要があります。公共投資に関する法律の規定に基づく緊急の公共投資プロジェクトは、環境許認可が免除されます。 
  • 本法律の施行日前に操業していた投資プロジェクト、事業所、生産集中地区、ビジネス・サービス地区、産業クラスターは、上記の対象者と同じ環境基準を有していることが必要です。
環境処理装置には、以下のものがあります。欧州の保護具工場における塗料粉塵処理システム、塗料臭気処理システム、工場の電気機械システムの設計・施工をDELCOが総合的に請け負い、スマート工場のソリューションを提供します。

プロジェクトの種類によって、認可機関や環境クリアランスの内容は異なります。

2020年の環境保護法が2014年と比較して大きく変更されたことにより、企業はベトナムで工場を建設し、オペレーション事業を行う際に、法律の遵守はもちろん、記録の確保に注意を払う必要があります。

出典: thuvienphapluat.vn