2022年第IV四半期の経済成長の予測: ベトナムは回復の勢いを維持できるか? - Delco Construction

2022年第IV四半期の経済成長の予測: ベトナムは回復の勢いを維持できるか?

統計によると、第3四半期は2022年の成長のピークである可能性があり、経済が回復し、12年ぶりに最高のGDP成長率に達しました。しかし、2022年の第4四半期と2023年の経済成長は非常に困難で大きなプレッシャーを受けると言われています。

今年第3四半期のGDP成長率は予想を上回った 

事前に予測されていたにもかかわらず、統計局が発表した今年第3四半期の、社会・経済状況に関する統計数字は国民を驚かせました。統計総局によると、2022年の第3四半期の予測GDP成長率は8,83%であったが、実際のGDP成長率は13.67%に達し、予測を超え、今年の初めに政府が出した経済シナリオをはるかに上回っています。GDP成長率13.67%という数字は2011年から2022年までの第3四半期の最高成長率です。

 

うち農林水産業は2.99% 増加し、GDPに4.04% 貢献し;工業・建設業は9.44%増加し、GDPに41.79%貢献し;サービス業は10.57%増加し、GDPに54.17%貢献しました。製造業の伸び率が10.69%であり、経済成長のけん引役になっています。

2022 年の最初の 9 か月間に実現したベトナムへの FDI 投資は154 億 3000 万ドルと推定され、前年同期比で16.3%増加しました。1〜9月期として直近5年間で実現したFDIの最高額です。しかし、新規登録資本、資本調整と株式購入、外国人投資家からの資本拠出購入の為の総資本は187億米ドルに達し、前年同期比で15.3%減少しました。

過去10年間のベトナムの経済:劇的な発展

第3四半期後、2022 年第 4 四半期の経済成長は大きなプレッシャーがかかる

国際市場における不安定要素

ベトナムの経済活動は不安定な世界の中で行われています. 2022年初頭からのロシアとウクライナの紛争は、国際的な石油価格の複雑な変動を引き起こし、食料とガスの供給を混乱させています…;紛争によるその他の費用も増加しました。政治的な緊張がより高いレベルに押し上げられ続ける場合、エネルギー安全保障、食料安全保障、商品供給などに非常に困難な結果をもたらす可能性があります。

さらに、中国はゼロコロナの政策を堅持している為、商品供給が中断され、市場が分断され、貿易活動が難しくなります。

国際市場の不安定さは、ベトナムの生産と輸出活動に深刻な影響を与えるでしょう。商工省のデータによると、2022 年 7 月の同国の輸出額は、前月に比べて 1.1% 減少しました。UOB 銀行のレポートによると、各国の消費需要の鈍化により、輸出の伸びが大幅に鈍化し、2022 年 9 月の輸出額は 299 億米ドルに達し、2022 年の平均額より 313 億米ドルを下回りました。

特にホーチミン市では、米国や欧州などの主要市場がインフレによる受注の減少を続けている為、木材や織物の輸出と加工が困難に直面しています。予測によると、輸出する国々のインフレと政治がまだ不安定であれば、この状況は2023年まで続く可能性があります。

主要国のインフレは景気後退につながる可能性が高い

2022 年前半、インフレの上昇傾向は引き続き、多くの国でピークに達しています。全体的なインフレは中央銀行によって設定された目標をはるかに上回っており、トルコ、アルゼンチン、ブラジルなどの多くの新興経済国では非常に高く、中央および東ヨーロッパ、ラテンアメリカ、アメリカ、イギリスなどで7,6% から10,2%まで上昇している傾向があります。

計画投資副大臣の、世界的なインフレの問題、特に主要経済国と我が国のパートナーのインフレは、今後1〜2か月で終了する可能性は低く、さらに長く続く可能性があります。Phuong 氏によると、非常に高いインフレとインフレ抑制政策は、主要経済の厳しさをさらに増し、容易に景気後退につながる可能性が高いとのことです。

信用供給は引き続き制限されている

信用供給は、多くの要因により引き続き制限されています。

信用供給の制限期間後と14/2021通達の期限が切れた後、銀行の不良債権のリスクは徐々に出ております。2022 年の第 3 四半期は、銀行の不良債権総額と比率の大幅な増加を記録しました。

UOB銀行 は、中央銀行による厳しい金融引き締め政策がベトナムの輸出市場シェアの41%を占める二つの主要輸出市場であるアメリカとヨーロッパに重く伸し掛かると予想される為、2023年の成長への展望がより懸念されると警告している。

2022 年のGDP成長予測二つのシナリオ

最近開催された 9 月の政府の定例記者会見で、計画投資省は、第 4 四半期と 2022 年全体の 2 つの GDP 成長シナリオを予測しました。 一番目のシナリオでは、第4四半期が多くのリスクがあり、予測しにくく、2022年のGDP成長率が7.5%に達する見込みです。2 番目のシナリオでは、現在の状況に照らして、外部からベトナム経済に対する急激で良い変化がない場合、2022 年の GDP 成長率は約 8% になると予想されます。

ベトナムの経済は非常に開放的であり、生産は輸入された原材料と燃料の供給源と価格に大きく依存しており、経済規模は控えめであり、その回復力と競争力はまだ限られているため、複雑で予測不可能な世界の政治情勢の影響を大きく受けています。

これには、政策実施機関の慎重さと柔軟性が必要です。ADBアジア開発銀行は、ベトナム経済が増大するリスクに直面し続けると警告しています。世界的な景気後退はベトナムの輸出に影響を与える可能性があり、労働力不足は、労働集約的な輸出製造業およびサービス業の急速な回復に影響を与えると予想され、計画と比較して公共投資と社会支出が遅れていること、特に政府の経済回復と開発プログラムの実施が遅れていることは、今年と来年の成長率を低下させる可能性があります。

Thứ trưởng Trần Quốc Phương phát biểu tại tọa đàm

Tran Quoc Phuong副大臣がセミナーで講演しました。

国内外から多くの圧力がかかり、リスクに直面している現在の経済情勢において、今後数ヶ月で正確な成長結果を予測することは難しいです。長時間の予測はより困難です。 Tran Quoc Phuong 計画投資副大臣によると、2023 年の成長シナリオは約 6.5% です。

投資新聞、サイゴン経済新聞、人民軍新聞からまとめ

画像ソース:統計総局、Vietnambiz

―この記事はDELCO® Construction のコンテンツ チームが作成しました。delco-construction.com ウェブサイトの記事の著作権はDELCO®Constructionに帰属します。DELCO®の書面による同意なしに、画像やコンテンツをコピー、編集することはできません。

長年連続でFDI誘致でベトナム第1位になったビンズオン省で工場を建設

投資家が工場を建設するためフンイェンを選択する要素

シェア