COVID-19の大流行の真っ只中で、ベトナムは引き続きFDI資本を引き付ける明るいスポットである。

COVID-19の大流行の真っ只中で、ベトナムは引き続きFDI資本を引き付ける明るいスポットである。

ベトナムは、インドネシア、フィリピン、タイなどの東南アジアでの外国投資資本の誘致において多くの非常に強力な国を上回り、FDIの投資を誘致する明るいスポットの1つと評価されてい

 FDIの新しい波がベトナムに来ている。

IHS Company(英)とテネシー大学が発表したEPIC基準によると、ベトナムはFDI資本を引きつけることにおいて世界で最も魅力的な60か国中25位にランクされており、インドネシア、フィリピン、タイのような東南アジアの非常に強力な国を上回っている。

国際機関の評価によると、ベトナムのビジネス投資環境は大幅に改善されており、高く評価されている。US News&World Report誌はベトナムを2019年に投資するための世界の20ベスト経済の中で8位にランク付けし、2018年と比較して15位上昇した。

COVID-19の大流行の真っ只中に、ベトナムはまた、感染症の流行発生を迅速に止め、短期間で新たな感染の人数と死亡の人数を最小限に抑えたという多くの賛辞を受けた。地域内の多くの国が不安定な状況に直面している時点に、ベトナムは政治的に安定しており、新型コロナウイルス感染症の流行を良くコントロールし、経済成長の多くの前向きな兆候を持っている数少ない国の1つである。したがって、パンデミックと景気後退のリスクにもかかわらず、FDI資本がベトナムに流入し続けることは驚くべきことではない。

参考:外国人投資家のためベトナムでの会社設立経験

2020年から2021年までのベトナム経済の予測

アジア開発銀行は、他の多くの国がパンデミックのためにマイナス成長を遂げる内にベトナムが東南アジアで最も急速に成長している経済の1つであり、その成長の勢いを継続すると予測する。

vietnam economy forecast

「Asia Economics: It’s about stamina」(大まかに訳すると「アジア諸国の経済:すべては各国の忍耐力」)という報告によると、HSBC経済研究部門は今年のベトナムのGDP成長率が2.6%に達する(前回の予測である3%からわずかに減少)と予測している。

2021年、HSBCは、ベトナムがテクノロジー主導及び着実なFDI流入による回復から恩恵を受けると信じている。したがって、2021年のベトナムの経済成長が8.1%に達すると期待されている(以前の予測は8.5%だった)。

経済回復の前向きな兆候とともに、ベトナム国会は、質の高いFDIプロジェクトをベトナムに効果的に引き付け投資環境を改善する目的として、有利・透明で競争力のある法的枠組みが国際慣行に沿った方向で改正投資法、改正企業法、官民パートナーシップ(PPP)投資法を通過したばかりである。