ICD Vinh Phuc物流センター、最大2億米ドルの規模で、ASEANスマート物流ネットワークをキックスタート

ICD Vinh Phuc物流センター、最大2億米ドルの規模で、ASEANスマート物流ネットワークをキックスタート

「スーパーポート」Vinh Phucは2億米ドルの投資資本を有し、約53万TEUの製品積載能力を有し、アジアにおける最も先進的な技術で、ベトナムの最も新しい物流サービス提供拠点となります。

Vinh Phuc - trung tam dich vu logistic moi cua Viet Nam

ICD Vinh Phuc物流センター

本プロジェクトは、2020年11月14日にグエン・スアン・フック首相とシンガポールのリー・ヒエン・ロング首相によりキックスタートされ、T&Tグループ(ベトナム)およびYCHホールディングスが投資主として、83ヘクタールを超えで、合計投資資本額が2億米国ドル、約53万TEUの製品積載能力の大規模なものです。

"Sieu cang" Vinh Phuc - vien gach hong xay dap nhip cau hop tac ASEAN
グエン・スアン・フック首相は、このプロジェクトをASEAN協力橋の建設とベトナムとシンガポールの友好関係に貢献するバラのレンガとしてコメントした。

多くの専門家の見解によれば、高い物流コストはベトナム経済全般、特に企業の競争力に影響を与える主要な障壁の一つである。

「現在、物流コストはGDPの約17%、420億米ドルに相当し、GDPの約4%を占めている。高い物流コストはサプライチェーンの競争力に直接影響している」Do Quang Hien氏、取締役会会長兼T&Tグループの社長・ICD Vinh Phuc物流センタープロジェクトの共同投資主により。

輸出入コストを削減する重要な鎖であることが期待され、「スーパーポート」・ICD Vinh Phuc物流センターの登場は、アジアと世界市場でベトナムの競争力を高めるだろう。

“siêu cảng" – Trung tâm Logistic ICD Vĩnh Phúc

ASEANスマート物流ネットワークをキックスタート

khoi dong mang luoi Logistic thong minh ASEAN
ハノイでグエン・スアン・フック首相、ASEAN 2020議長、および代表者は、ASEAN・ASLNスマート物流ネットワークの発足式典を実施する。画像:Thống Nhất – TTXVN

4.0技術とスマート物流インフラでを適用することで、時間と輸送のボトルネックを解消し、それにつれてASEAN各国のサプライチェーンコストを最適化し、域内各国のサプライチェーンのスピードと信頼性を向上させる。ICD Vinh Phuc物流センターは、YCHのCEOであるRobert Yap博士によって提案された地域のスマート物流チェーンの現実だ。

将来的には、ベトナム、シンガポールをはじめとするASEAN諸国の経済にとって「離陸」するために「ランチャー」となることが期待される。

情報源:ベトナム経済 VnEconomy