ベトナムにおいて工場を建設する際に適用される 4 つの必須規制 - Delco Construction

ベトナムにおいて工場を建設する際に適用される 4 つの必須規制

工場の建設は投資プロジェクトを実施する際、事業主にとって重要な最初のステップです。投資主がベトナムで工場の建設基準及び規制を理解すると、建設の手続きは順調に進み、時間とコストを節約し、投資効率を最適化することができます。

建設工事計画の規制

工場を建設するための土地全体に於いて、投資家は工場の建設のために土地を 100% 使用することはできません。その土地の全面積を工場建屋の面積、植栽の為の面積、その他の項目の為の面積に分割しなければなりません。

建設工事計画の規制

QCVN 01:2021 建設計画に関する国家技術規則は、工場建設用の土地の建ぺい率、つまり土地の総面積に対する建築面積の比率は最大70%です。生産に使用される 5 階以上の工場建設用土地に関しては、最大容積率は60%です。工場建設の土地において、植栽の最低割合は、少なくとも 20% でな​​ければなりません。

さらに、各工業団地には工場建設の企画、垣根、門、詳細なセットバックなどに関するさまざまな要件があります。防火対策と工業団地のオープンスペースを作る為に、多くの工業団地は、QCVN 01-2021 に従って建設の最小セットバックは3~6メートルを規定しています。タンロン工業団地 (ハノイ) には、工業団地全体のインフラストラクチャー基準を確保するために、10m の建設セットバックを要求しています。タン フー チュン工業団地 (ホーチミン市) では、工業団地全体の美観を確保するために、建設工場はドアと外構の共通の設計に統一すると規定しています。投資主は建設プロジェクトを順調に実施する為に、ベトナムの法律に依る規制、各工業団地のインフラストラクチャーの要求について詳しく調べたほうが良いです。

工場建設するための土地を選択する際の注意点

建物の設計及び構造に関する基準

工場の地盤と基礎は特に重要な要素であり、工場の荷重を支えるために持続可能性と安全性を確保する必要があります。

設計の前に、投資家はTCVN 5547-2012及びTCVN 4453-1995現在の標準に従って地盤の掘削調査と設計を行う必要があります。産業用電気機械システムも、工場の生産ライン、操作プロセス、及び生産性に直接影響する項目の 1 つです。

工場の電気機械システムの設計と施工に関する基準、規制は工場の建設及び運用中の安全を確保する為に設定されています。

規制によると、工場を建設する際、各工場は、ベトナム基準TCVN 7114: 2008及び国家基準QCVN 09: 2013 / BXDを満たす照明システムを備える必要があり、照明の平均演色評価数(Ra)は作業エリアにつき60 – 100です。照明は常に作業者が幻惑することがないように安全を確保し、作業効率をアップします。TCVN 9208: 2012 には、ケーブルの設置に関する多くの要件と規制があり、 ケーブル の破断と、組み立て及び操作中にケーブルに危険な機械的力が発生するのを防ぎます。ケーブルの予備長は1%から3%までであり(スネーク布設で)、グループを予備用に丸巻きタイプで(スパイラルまたはスプリング形状)接続するのは禁止です。接続しているケーブルの隣に新しいケーブルを配置する場合、既存のケーブルを損傷しないように対策を講じる必要があります。

投資家は、建設工事の設計と施工品質、技術的なプロセスに従って建設と検収、法価値、建設業許可取得を管理および保証できるように、すべての手続きを調べたほうが良いです。

防火・消防の安全に関する技術規制

工場の防火・消防システムには、投資家が知っておくべきいくつかの規制と基準が適用されています。

  • 規制06:2020: 住宅および建設工事の防火対策に関する国家技術規制。
  • 法令136:2020: 防火・消防管理法および 防火・消防管理法の改正・補足に関するいくつかの条項及び実施の詳細規定。
  • 2020 年 5 月 26 日付の通達第 52/2020/TT-BCA 号に基づいて公安省によって発行された消火の際の放水に関する技術的規制02:2020/BCA。
  • 国家基準5687:2010: 換気 ・エアーコンディショナー・  設計基準。

建設における防火・消防の安全に関する基準、規制を理解し、厳守することは重要な要素です。なぜかと言えば、投資家が工場を当局と検証し、承認し、受け入れるのに役に立つからです。また、工場の生産開始の進行にも影響を与えます。

2020年の住宅や建設物の火災安全に関する規準の新しい重要なポイント

環境保護に関する基準と規制

2022 年 1 月 1 日から施行された、2020年ベトナム環境保護法には、環境影響評価、工場の建設工事に対する環境許可申請に関する多くの新しい規制があります。

環境保護に関する基準と規制

従って、同法では、環境に悪い影響を与える恐れのあるプロジェクトを各レベルで分類し、プロジェクトの環境影響評価報告書に関する規定が明確に定められています。同法はまた、廃水、粉塵、排気ガスを自然環境に排出するプロジェクトが国の廃棄物管理に関する規制を満たす処理対策を備える必要があると規定しています。

さらに、国内でスクラップのリサイクルと再利用を増やし、原材料として使用するためのスクラップの輸入を制限するために、同法は、リサイクル可とリサイクル不可の製品、パッケージを生産したり、輸入したりする企業、個人に対して、既定の割合と規格で回収する責任を規定しています。また、これらの企業、個人はサービス契約書または資金調達の仕組みを通じて、製造と輸入する製品、パッケージのリサイクルを支えます。

ベトナムにおける建設業許可申請の手続き

最新の規制を更新し、環境保護基準を十分に遵守することは、投資家がベトナムで工場を建設する際に記録を確保し、法律の規定を正しく遵守し、行政手続きを最適化し、許可申請の手続きを行う際の時間とコストを節約するのに役に立ちます。

この記事はDELCO® Construction のコンテンツ チームが作成しました。delco-construction.com ウェブサイトの記事の著作権はDELCO®Constructionに帰属します。DELCO®の書面による同意なしに、画像やコンテンツをコピー、編集することはできません。

 

シェア

error: Content is protected !!