ベトナムにおける外資に関するよくある質問 – 2023 年更新

ベトナムへの外資はどのような法的および資本条件を満たす必要があるか、投資優遇措置は何であるかなど、以下の情報は投資家が手順を理解し、市場に参加する準備を整えるのに役立つ。

なぜベトナムは外国人投資家にとって魅力的な場所になったのでしょうか。

外国投資局によると、2023年9月20日時点の外国投資家の新規登録資本金、出資額と株式購入の調整・出資の合計は202億1,000万ドル近くに達し、同期比7.7%増加した。

ベトナムは、政治的安定、プラスの経済成長、投資環境の継続的な改善、多国間外交政策の実施への取り組みで世界機関から継続的に認められている。 2019年9月の時点で、ベトナムは17の自由貿易協定の交渉と履行に参加している。 さらに、ベトナムは有利な地理的位置、潜在的な消費市場、9,990万人の人口、若くて熟練した労働力などを備えている。外国人投資家にとって、ベトナムは、世界がますます複雑で急速に変化している中で、安全で魅力的な投資先である。

Co cau DTNN 9 thang nam 2023 theo thang va theo cach thuc dau tu von en

ベトナムにおける外資に関するよくある質問

ベトナムにおける外資の手順と条件。

ベトナムで合法的な投資活動を行うには、外国投資家は以下の条件を満たす必要がある。

  • 法的条件: 外国人投資家は企業登録手続きを完了し、必要な証明書を取得する必要がある。 ベトナムにおける外国人投資家にとって一般的な企業登録の形式: 100%外資による会社の設立、合弁会社の設立、駐在員事務所の設立など
  • 資本条件: ベトナムの法律は、保険、運輸などの幾つかの条件付き業種の最低資本金を規定している。最低資本金は、企業の規模や事業内容によって異なる。 例: 100% 外国資本による不動産企業の最低資本金は 200 億 VND でなければならない。工場が大規模であればあるほど、最低資本金も大きくなる。
  • その他の条件: 投資家は、WTO 加盟国の国籍 (個人の場合) または本社住所 (組織の場合) を有する。 投資する業種は禁止されている業種のリストには載っていない。

ベトナムで外資系企業を設立する手続きには、次の基本的な手順が含まれる:

  • 投資登録:
    • 本社を置く省の計画投資局の投資登録室で投資登録手続きを行う
    • 期間: 15 – 20日
  • 企業登録:
    • 省の企業登録室で企業登録手続きを行う
    • 期間:5~7日
  • 納税義務:
    • 地方税務当局で税コードを登録する
    • 企業登録証明書を受け取ってから30日以内に登録免許税を申告と納付する。
    • 年税の申告、付加価値税と法人所得税の納付
  • 金融取引を行うためにベトナムの銀行口座を登録する。

もっと見るベトナムで外資系企業を設立するための手続き(2023年更新)

ベトナムにおける外資系企業はどのような優遇措置が受けられているか?

  • 法人所得税に関する優遇措置: 新設の生産施設は最初の 2 年間は税金が免除され、次の 2 年間は 50% 減額される。 投資優遇装置を受ける対象となる分野、業種、経済地域に投資する場合、他のプロジェクトよりも低い税率が適用される。 免除期間は最長13年(免除4年、軽減9年)である。
  • 輸出入税に関する優遇措置: 生産用の機械、設備、原材料に対するほとんどの輸入税が免除される。 加工品の輸出促進を優先する(税率0%)。
  • 土地、金融に関する優遇措置: 投資優遇装置を受ける対象となる分野のプロジェクト、社会経済的に困難な状況にある地域への投資プロジェクト、従業員の 20% から 50% が傷病兵や病気の兵士で占められている企業の地代は最大 50% 減額する。  

ベトナムで外国人投資家に適用されている税率の種類

一般に、ベトナムのほとんどの事業投資活動に適用される一般的な税金は 4 種類ある。

税金
支払手数料・税率 支払い期限
ライセンス料(税金)
  • 資本金100億VND以下:300万VND/年
  • 資本金100億VND以上:200万VND/年
  • 支店、駐在員事務所など: 100万VND/年
遅くとも毎年1月30日までに。
付加価値税 付加価値税の税率は事業分野によって異なる。

  • 商品の流通と供給: 1%。
  • サービス、原材料の供給を除く建設: 5%。
  • 生産、輸送、商品に関連するサービス、原材料の供給を伴う建設: 3%。
  • その他の事業活動:2%
月次申告する企業の場合:納税義務が発生した月の翌月20日は納付期限となる。

四半期ごとに申告する企業の場合: 納税義務が発生した四半期の次の四半期の最初の月の 30 日または 31 日 (末日) は納付期限となる。

法人所得税 税率は総所得金額の 20% です。

石油およびガス探鉱の分野で活動する企業の場合、税率は最大 32%〜 50% になる可能性があるが、その他の希少資源を開発する企業の場合は 40%〜 50% になる。

法人取得税は四半期ごとに支払う。納付期限は次の四半期の最初の月の 30 日である。
個人所得税 個人所得税=課税所得金額 × 税率

税率は部分的に累進的な表に従って計算される。

年次税確定書類の場合、遅くとも暦年または会計年度の終わりから 3 か月目の末日までに納付しなければならない。遅くとも

年次納税申告書の場合、遅くとも暦年または会計年度の最初の月の末日までに納付しなければならない。

 

さらに、特定の事業活動によっては、次のような他の税金が適用される場合がある:

  • 特別消費税;
  • 天然資源税;
  • 輸入税;
  • 輸出税;
  • 環境保護税;
  • 非農地使用税。

ベトナムで外国投資を誘致する地方

ベトナムへのFDI投資を誘致する上で多くの利点がある省と都市には、Ha NoiとHo Chi Minh市、Bac Giang、Binh Duong、Dong Naiなどが含まれる。 これらは、インフラ整備、安定した労働力、行政手続きの改革、投資促進に積極的に取り組んでいる地方である。

EN 2 Tinh thanh thu hut FDI

外国投資局によると、2023年最初の9か月間で国内で最も多くのFDIを集めた省と都市は、9月20日時点で、Ha Noiが25億3000万ドルでトップとなっている。 Hai Phong省は登録資本総額約 22 億 1,000 万ドルで第 2 位にランクされた。 次はHo Chi Minh市、Bac Giang省、Binh Duong省、…

ベトナムに最も多く投資している国

長年にわたり、韓国、日本、シンガポールは常にベトナムへのFDI投資のリストの中にトップになっている。 ベトナムに投資している大手多国籍企業にはHondaやToyota(日本)、LG、Samsung(韓国)が含まれる。

EN 3 10 quoc gia dau tu nhieu nhat vao VN

ベトナムに最も多く投資しているパートナー

計画投資省によると、2023年9月20日までの累計で、韓国、日本、シンガポールからの投資資金はベトナムへの外国投資総額の50%を占めた。

ベトナムにおける外資を誘致している業種

外国人投資家は21の国家業種のうち18の業種に投資している。その 中でも、加工製造業はベトナムにおける外国投資資本の誘致で首位だった。

EN 4 co cau DTNN tai VN theo nganh

ベトナムへの外資誘致における首位になった業種グループ

2023 年の最初の 9 か月だけで、加工・製造業は 140 億ドル以上を集め、登録資本金の総額のほぼ 69.3% を占め、同期比15.5% 増加した。 不動産事業は約 19 億 4,000 万ドルの総投資額で第 2 位にランクされ、登録資本金の総額の 9.6% 以上を占めている。 銀行・金融、卸売、小売業界は第 3 位と第 4 位にランクされ、登録資本金の総額はそれぞれ約 15 億 4,000 万ドルと約 7 億 3,400 万ドルである。

外国人投資家に対する禁止されている業種

ベトナム政府は、外国人投資家が以下の 25 分野に投資することを許可しないと規定している。

  1. 国家独占リストに載っている商品やサービスの取引。
  2. あらゆる形態のジャーナリズムおよび取材活動。
  3. 魚介類の漁業または搾取。
  4. 捜査および警備サービス。
  5. 司法鑑定サービス、執行吏サービス、資産競売サービス、公証サービス、清算人サービスなどの司法行政サービス。
  6. 契約に基づいて労働者を海外へ派遣するサービス。
  7. 墓地インフラ整備への投資。
  8. 家庭から直接ゴミを回収するサービス
  9. 世論調査サービス(世論調査)。
  10. 爆破サービス。
  11. 武器、爆発物、支援ツールの生産と取引。
  12. 中古船舶の輸入及び解体。
  13. 公共郵便サービス。
  14. 国境ゲートでの物品の輸送。
  15. 一時輸入・再輸出。
  16. 外国投資額が実行されていない外国人投資家や外資系経済団体の商品リストに掲載されている商品の輸出入および流通。
  17. 軍の部隊で公共資産を収集、購入、処理。
  18. 軍事資材または軍事装備品の生産
  19. 工業所有権代理サービスおよび知的財産権評価サービスを提供する。
  20. 海上信号の設置、運用、保守サービス。 水域、港湾の建設測量サービスと海図の発行サービス。
  21. 水域、海上の航海安全と公共航海を確保するための規制サービス。 海事電子情報サービス。
  22. 交通機関の検査および認証サービス。
  23. 天然林の調査、評価、開発のサービス。
  24. 農業農村開発省による評価を受ける前に、新しい家畜遺伝資源を研究または使用すること。
  25. ベトナムへの外国人旅行者を対象とした国際旅行サービスを除く旅行サービス事業。

出典:計画投資省、総合統計局、Tuoi Tre新聞、産業貿易雑誌

シェア