ベトナムは世界的なスマートフォンとラップトップの生産拠点になります - Delco Construction

ベトナムは世界的なスマートフォンとラップトップの生産拠点になります

サムスンとアップルなどのベトナムでの一連の大規模なFDI投資プロジェクトは、投資先や生産拡大拠点としてベトナムを選択していますから、ベトナムがスマートフォン、タブレット、ラップトップのグローバルな生産拠点になって来ます。

ベトナム製のタブレット、スマートフォン、ラップトップ

ベトナム最大のFDI投資家であるサムスンは資本を投入し続けます。

ベトナムへの進出の1996年以来、現在までサムスンは大手のベトナムへの韓国のFDI投資家です。 サムスンベトナムの大きなプロジェクトは、タイグエン省とバクニン省にある電話とモバイルデバイスを製造する4か所の工場、ホーチミン市ハイテクパークにて工場グループ、携帯電話研究開発センターを含んでいます。サムスングループの代表者は、サムスンがベトナムでの工場拡張と生産移転を促進し続けていると述べました。 多くの情報によると、サムスングループは本グループのグローバルな制作がより効率的になるために、テレビ制作ラインの一部をベトナムに進出する予定があります。

AppleとGoogleが投資に競争する

1月18日に、Bac Giang省は、Fukang Technology 工場(投資家Foxconn Singapore-AppleのOEMサプライヤー)に投資登録証明書を正式に授与しました。 このプロジェクトの登録資本金は2.7億米ドル(6.2兆330億ドンに相当)です。生産の目標としては、Apple向けに毎年約800万台のタブレットおよびラップトップ製品を生産します。 以前、フォックスコンは2007年からバクザン省とバクニン省にある2工場でベトナムに投資しています。。 2021年までに、フォックスコンのベトナムへの総投資資本は22億ドルに達すると予想されています。

バクザン省はフォックスコンの代表者に投資登録証明書を授与しました。

グーグルも、ベトナムでの生産に投資すると予測される大手な投資家です。。 日経によると、グーグルは電話を製造・組み立てをするためにビンフック省にて工場をセットアッするようです。 ここに組立てられた製品は、GooglePixel4Aの最新の携帯電話モデルです。 組み立ては4月から開始され、10月にPixel5シリーズも拡張される可能性があります。「MadeinVietnam」という記載しているGoogle Pixel 4A の電話ボックスのイメージ は投資情報がさらに確定し、多くのテクノロジーファンを興奮させます。

dien thoai google Made in Vietnam

テクノロジーの巨人による投資資本の増加は、ベトナムがラップトップ、スマートフォン、タブレットの生産の世界的拠点になることに貢献するだけでなく、そのパートナーやサプライヤーからFDI投資を惹きつける機会を強化することに貢献できます。 DELCOは、HAEM VINA工場(Samsungに向ける充電器、データケーブルの製造)、Power PlusTechnology工場-ChannelWell Technology工場(Samsungに向ける充電器、データケーブルの製造)などの多くの電子部品製造工場の建設ゼネコンです。

ベトナムでのSamsungに向ける電話充電器のメーカーの1つであるHAEM VINA 工場

HAEM VINA工場プロジェクトは、ゼネコンとするDELCOによって2020年7月から11月まで施工されました。

 

シェア