工事に対する建設ゼネコンの責任

工事に対する建設ゼネコンの責任

多くの関係者が参加する建設工事の場合、関係者の責任と利益は協力契約に明確に記載されて、特に政令 37/2015/ND-CPで国の法律に明確に定義されている。

工事に対するデザインビルドゼネコンの責任 

ゼネコンはその権利を確保し、投資主と締結した契約を履行するためにその責任を果たさなければならない。 

ゼネコンは自社の従業員と入札パッケージに対して責任を負い、投資主の工事に対しても責任を負う。

従業員に対する責任 

ゼネコンは従業員の能力に適した安全な作業環境を確保する責任があり、 充分な保護具を提供し、労働者に期限通りに給与を支払うこと。さらに、ゼネコンは工事で発生する紛争を解決する責任がある。 

工事に対する責任 

それぞれの契約の種類と契約条件に応じて建設工事の責任が異なる。コンサルティングゼネコンプロジェクトのコンサルティングに責任があり、プロジェクトの合法性と可能性に責任がある。設計ゼネコンプロジェクト全体の設計と技術図面に関する責任をを有する。 

工事保証責任

建設と設置後の工事には保証が必要だ。保証期間が長いほど、ゼネコンの工事品質へのコミットメントが示され、同時に投資主がゼネコンを選択しやすくなる。 

技術設備調達ゼネコンは原産地や材料特性を含むプロジェクトに供給した技術設備について責任を負い、エラーが発生した場合、賠償料責任が発生する。 

さらに、プロジェクトの施行中に請負業者が投資主に提供した資料、特徴説明書、技術仕様書などの正確性と完全性を確認するように要請されることがある。

 

もっと見る: 投資家が評判の良いゼネコン を選ぶ要素

もっと見る: ベトナムと日本の労働法の違いは何か?