工場消防システム

工場消防システム

工場の消防システムにはどの
ようなアイテムが含まれていますか?

本質的に、工場の防火システムはタイムリーな検出、警告、防止に役立つ機器のコレクションであり、火災による人命と財産の損失を最小限に抑えるのに役立ちます。

工場の防火システムには火災警報システム、排煙システム、消火システム、緊急表示灯システムなどアイテムが含まれています。

工場消防システム

工場の防火システムには火災警報システム、排煙システム、消火システム、

緊急表示灯システムなどアイテムが含まれています。

火災報知システム

火災報知システムには感知器や火災警報灯や警報ベルや信号送信線システムなどの火災報知装置と音/光警報装置が含まれる。

火災報知システムは火災を迅速に制御および処理するために火災の場所/地区について指揮センターに検出して警告する責任がある。

消火システム

様々な消火システムがあるから消火システムの項目は非常に複雑です。各システムはライン、ホース、粉末、ガス、又は水で物質を消火するためのコンテナで構成されています。システムは設計の要求に応じて自動的に動作できること動作しないこともある。

工場消防システム

壁面埋め込み型消火システム

壁消防システムには給水ポンプステーション、一方向/双方向バルブ、圧力逃が弁、過圧保護バルブ、ハンドバルブ、壁消防キャビネット、放水砲が含まれます。火災が発生した場合は、ストップバルブを開くだけで、すぐに壁の消火システムの高圧水流が放水砲を噴出して消火し、消火します。

工場消防システム

スプリンクラー消火システム

システムにはスプリンクラーノズル、消防ポンプシステム、パイプ、火災バルブ、アラームが含まれています。スプリンクラーシステムは火災リスクが低く、火災リスクが中程度の施設を保護するために使用されます。このシステムにとって、パイプラインは常に水で満たされ、消防用水圧基準に従って特定の圧力に維持されます。

工場消防システム

泡消火システム

泡消火システムは隔離の原理に基づいて機能します。消火を迅速に行い、機器の損傷を減らし、消火に必要な消火剤の量を減らすことができます。作動すると、システムはガソリンとオイルの表面を覆う一種の泡をスプレーします。可燃性液体を酸素から分離して火を消す。

泡消火システムはガソリンタンク、化学倉庫など火災や爆発のリスクが高い地域でよく使用されます。

FM200ガスで消火システム

FM200ガス消火システムは可燃性物質と反応して火の熱を吸収し、ファイアチェーン反応の化学反応を防ぎます。それにより、すぐに火を消します。FM 200ガスはCO2システムのように空気中の酸素量を減らすことはありません。なので、窒息を引き起こさず、スプレーシステムが放電したときに部屋の人々に影響を与えません。

FM200ガスは非導電性であるため、繊細な電子機器や衝撃回路を短絡させず、重要なプラント機器への損傷を少なくします。

ヒューム抽出システム

排煙システムは排気ファン、大型パイプ、センサー、コントロールバルブ、電源で構成されています。

煙が燃えているとき、センサーは制御盤、ファンを認識して送信します。大きなパイプに自動的に煙を吸い込んで逃げ、他の場所への延焼を制限します。労働者が煙や有毒ガスで窒息するのを防ぎ、人的被害を減らします。

Hệ thống hút khói

インシデントライト、出口ライト、紧急照明灯

これはライトやバッテリーを含む消防システムの必須基準に従って生産された照明システムである。火災報知や停電が発生する時に工場の共通電源ではなく、ライトはバッテリーからの電力を使用する自動的に切り替わる。

He thong den chieu khan cap

雷保護システム

システムは避雷針や雷導線や接地ポールが含まれ、二次避雷装置(伝搬型または感応型雷保護システム)が含まれる場合がある。落雷にあうリスクがある場合、雷保護システムは工場内の電気機器または可燃物への雷の伝達と影響を制限する。