建設業能力証明書の発行条件

建設業能力証明書の発行条件

建設能力証明書とは?

建設分野で活動する企業に発行される建設能力証明書は、当該企業が建設における工事やプロジェクトを実行する能力があることを示す建設省または建設局の評価表である。ベトナムの法律では、この証明書の有効期限は10年までと定められています。

Chung chi nang luc xay dung

営業能力証明書が必要な分野

企業は、以下の1つ以上の分野に参加する場合、建設能力証明書が必要となります。

  • 建設計画
  • – 建設調査(地形、土木地質学)
  • – 設計、工事設計の検証(建築設計、構造設計、電気機械設計、給排水設備、交通工事、農業工事、農村開発の工事設計、技術的インフラプロジェクト)
  • – 建設工事
  • – 建設工事の監督
  • – 建設投資プロジェクトの管理
  • – 建設検査
  • – 建設投資コスト管理

建設能力証明書が交付される条件

ベトナムの基準によると、建設能力証明書には3種類あります。

  • – 能力証明書I級
  • – 能力証明書II級
  • – 能力証明書III級

Nang luc xay dung

Ⅱ級の建設能力証明書は、産業用建設業者の間で最も普及しているため、本記事の範囲内ではⅡ級の建設能力証明書について詳しく説明します。

能力証明書II級が交付される条件は以下の通りです。

  • – 事業者登録書類を持ち、測量、プロジェクトの策定、機材の供給、コンサルティング、設計、施工など、建設分野の事業を確立していること。
  • – 機械設備を有していること、または建設能力証明書を申請する業務に従事するために機械設備を動員できること。
  • – 建設部隊の責任者が、企業の建設能力証明書の発行分野に適したクラスII以上の建設実務証明書を持っていること。
  • – 建設活動の参加者が、証明書を申請する建設の種類に適した専門資格を有していること。
  • – 少なくとも1つのII級以上の建設プロジェクトまたは2つ以上のI級の建設プロジェクトを行ったこと。

測量、プロジェクト策定、プロジェクト管理、建設、設計などの各作業項目の条件は、政令 100/2018/ND-CPに明記されており、詳細に記載されています。

したがって、第2種建設能力証明書を持っている場合、企業は地区や建設省の計画工事の入札・建設に参加することができます。

また、証明書の交付を受けるためには、企業は必要な書類一式を作成し、建設省や他の管轄当局に提出して検討を受ける必要がある。有効期限が切れた場合、企業は再認証を受けるために新たな申請書を提出する必要があります。