職場でのベトナム人労働者の5つの特徴

職場でのベトナム人労働者の5つの特徴

ベトナムでの工場建設と事業開発へのFDI企業の投資は、地元の労働者に何百万もの仕事をもたらした。しかし、ベトナム人労働者の採用と管理も、投資家及びベトナム人労働者の間の人格文化の対立のために多くの困難をもたらしている。投資家がベトナム人労働者と仕事する際に​​知っておくべきベトナム人いくつか特徴は下記の通りある

言語と地域

ベトナムはキン、モン、タイー、タイ、ジアライ、エデ、クメール等の54の民族がいる国である。その内、大多数はキン族である。 ベトナムの北西部、中部、中部高地、南西部には、今でも生活や仕事をしている少数民族の人が見かけられているが、基本的にはキン語が使える人がほとんどである。キン-ベトナム語はベトナムの標準語でもあり、主に法的文書や生活で使用されている。

地理文化に関して、ベトナム人は北、中、南の3つの主要な文化に分けられる。本書では、3つの地域におけるベトナム人の共通の特徴をいくつか紹介する。

ベトナム人労働者の5つの特徴

ベトナム人の性格の特徴

器用、巧み

ベトナム人は一般的に、細心の注意と正確さを必要とする小さな仕事に非常に器用である。多くの人は、自分で電気システムを修理したり、家の配管をしたり、小さな故障が発生したときのバイクや自転車をチェックしてメンテナンスしたりできる。しかし、職場では、ベトナム人はこの器用さを維持するのが難しいであり、最初は仕事に集中することが多く、最終製品の完成度にはほとんど注意を払っていない。

参考:ベトナムと日本の労働法の違いは何か?

「ゴム時間」

一般的に、ベトナム人の時間感覚はかなり貧弱である。彼らは電車の遅れや約束の遅れを起こしがちで、それが大したことではないと考えている。ベトナム人労働者も仕事の締め切りにあまり気にしないと言われている。 外国企業で働くとき、ベトナム人はこの弱点を克服するために時間を必要とする。

cong nhan vietnam

ベトナム人労働者は、外国企業で働くときに、時間の弱点を克服する必要がある。

イメージ写真

自己尊重

ベトナム人は尊厳が高く、自分の過ちを他人に見られたくないのである。 日本人とは異なり、ベトナム人は自分にできない仕事の前で「できない」「自信がない」と簡単に言わない。これは、仕事の実行プロセスと達成される結果に大きな影響を与える可能性がある。

ベトナム人も団体の前で批判されたり警告されたりすることを好まないので、FDI企業のマネージャーは工場や施設でベトナム人労働者を管理する際にこれに注意を払う必要がある。

家族を大事にする

儒教の影響により、ベトナム文化は家族を非常に重要視している。彼らは家族と過ごすことが最も重要であると考えているので、家族のイベント(結婚式、葬式、新しい家の建設、病気の人など)がある場合、ベトナム人は会社で働くことより休暇を取ることを優先する。しかも、休暇の承認がなければ、一部の労働者は重要な家族のイベントに出席するために仕事を任意に辞めようとすることがある。

学習が速い

ベトナム人は好奇心が有り、素早く学ぶことができるが、「頭から尾まで」学ぶことはめったにないので、彼らの知識は体系的で基本的ではない。さらに、勉強はすべてのベトナム人の個人的な目標ではない(小さい頃に家族のために勉強する。大きくなったら、仕事を見つけるために勉強する。まれに自分の夢や情熱のために勉強する。)

American Institute of Social及び白舟の研究による。

 

給与交渉時のベトナム人労働者心理